一人でする 特殊清掃は危険!その理由を解説をします!

ブログ

一人でする 特殊清掃は危険!その理由を解説をします!

「特別清掃は一人でもできるのかな?」
「業者の方に頼んだ方がいいのか迷っている。」
家族や親戚が亡くなった場合、特別清掃をする必要があります。
特別清掃を業者に頼んだ方が良いのか迷う方はたくさんいると思います。
しかし、特別清掃は一人でするととても危険です。
そこで今回は、一人でする特別清掃が危険な理由をご紹介します。

□一人でする特別清掃が危険な理由

早速、一人でする特別清掃が危険な理由をご紹介します。

*清掃する部屋が狭いから

まず、掃除をする部屋が狭いことです。
特別清掃は多くの場合、浴槽やトイレなどの部屋で行われます。
慣れない場所での掃除になるため、けがにつながりやすいのです。
また、細かい部分の掃除も必要なので時間もかかってしまいます。
特別清掃に慣れている業者に任せる方が効率よく進められるでしょう。

*依頼者が高齢の方だから

特別清掃を依頼される方は高齢の方が多いです。
高齢の方が一人で特別清掃をするととても危険です。
壁や床の掃除は足腰にダメージを与えます。
また、遺品整理の面でも危険が多いです。
整理した遺品を一人で整理するためにはかなり体力を使います。
専門の業者に任せることで、心配なく遺品整理もできるでしょう。

*清掃が難しいから

特別清掃は専用の道具を使って行います。
例えば、臭いを取り除くために専用の薬品を使ったり、血液や体液を取り除くために特別な方法を使ったりします。
この様な道具や方法で清掃を行わないと臭いや汚れが残ることが多いです。
きれいな部屋にするためにも業者の方に任せてみましょう。

*リフォームが必要な場合があるから

特別清掃をする中でリフォームが必要な場合もあります。
例えば、床全体に体液や血液が浸透している場合があります
また、ガスや水道の管まで体液が浸透しているときも必要でしょう。
リフォームの際には床や壁を一から張り替えることもあります。
これをすべて一人で行うと大変です。
また、途中でけがをする可能性もあるので、できる限り業者の方に任せることをおすすめします。

□まとめ

以上、一人でする特別清掃が危険な理由をご紹介しました。
複数の人で行う場合は安全ですが、一人で行う場合には今回紹介した様なたくさんの危険があります。
清掃の質や時間の面からも業者の方に任せた方が安心でしょう。
この記事を参考に、特別清掃の依頼を検討してみてください。
また、何か分からないことや相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。