滋賀県の専門業者が解説!特殊掃除にかかる費用とは?

ブログ

滋賀県の専門業者が解説!特殊掃除にかかる費用とは?

「特殊掃除の費用ってどれくらいかかるのだろう…」
「特殊掃除ってどういうところにお金がかかるのだろう…」
ご家族や親戚などがご家庭で亡くなった際、汚れや臭いが付いている場合には、特殊掃除が必要です。
しかし、特殊掃除を依頼するのは初めての経験で、費用がどれくらいかかるのか気になるという方もいるのではないでしょうか?
そこで、今回は特殊掃除にかかる費用についてご紹介していきます。

 

□特殊掃除の費用

特殊掃除の費用は主に体液除去、害虫駆除、消臭・消毒の3つに分かれ、遺品整理などは含まれません。

 

*体液除去

人間というのは死後数日すると、血液や体液がじわじわと体外に出てきます。
こうした体液は床や壁などに染み込んでいき、汚れやシミとなります。
そのため、特殊な薬品による除去が必要です。
かかる費用としては、2万円~25万円程度とされています。

 

*害虫駆除

死後数日すると、ご遺体やその周辺にウジやハエといった害虫が発生します。
これらの害虫は卵を産み、日を追うごとに繁殖していくため、早急な対応が必要です。
殺虫スプレーや特殊な薬品を用いて、1匹たりとも残さないよう除去していきます。
かかる費用としては、1.5万円~10万円程度とされています。

 

*消臭・消毒

体液や害虫を除去しても、悪臭や雑菌は残ったままになります。
そのため、消臭や消毒が必要になります。
かかる費用としては、2万円~15万円程度とされています。

 

□費用に幅がある理由

特殊掃除の費用には幅がありますが、これは発見した時のご遺体の状況が大きく異なるからです。
まず、発見までの日数ですが、数日で発見されることもあれば、数年後に発見されるということもあります。
一般的に、発見までの時間が長ければ長いほど、特殊掃除は難しく、費用が高くなることがあります。
また、体脂肪の割合など人それぞれ体質が異なるため、ご遺体によって費用が異なってきます。

 

□さらに費用がかかる場合

特殊掃除には先ほどお伝えした費用以外にも追加で費用がかかる場合があります。
例えば、コストパフォーマンス重視の業者による消臭では最低限の作業を行うため、微かに臭いが残っている場合があります。
こうした場合は、再度本格的な消臭が必要になります。
また、床や壁の状態によっては、リフォームが必要な場合があります。
こうした場合には、リフォーム費用がかかってくるでしょう。

 

□まとめ

今回は特殊掃除にかかる費用についてご紹介しました。
特殊掃除の費用は主に体液除去、害虫駆除、消臭・消毒となっていますが、ご遺体の状態によっては費用に幅があります。
また、リフォームが必要な場合などは追加で費用がかかってきます。
ご不明点や疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。