滋賀県の専門業者が解説!遺品整理と生前整理の違いとは?

ブログ

滋賀県の専門業者が解説!遺品整理と生前整理の違いとは?

遺品整理と生前整理というものについてご存知でしょうか?

この二つについて、なんとなく言葉の意味はわかるけれど、実際どういった違いがあるのかなどをあまり理解していないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、遺品整理と生前整理の違いと、それぞれの内容・目的などについて紹介していきたいと思います。

遺品整理と生前整理

遺品整理と生前整理という言葉は混同してしまう方も多いかと思いますので、まずは、二つの言葉の意味とそれぞれの違いについて説明したいと思います。

遺品整理というのは、遺族が亡くなった故人の遺品を整理し、供養するものや形見分けするもの、処分するものなどに分ける作業のことを言います。

一方で、生前整理というのは、自身が老化や病気などで亡くなってしまう前に、自分で身の回りのものを整理し、自分の死後に遺族が遺品の整理で困らないようにするために行うものです。

つまり、両者の大きな違いは、遺品整理は遺族が行うものであるのに対し、生前整理は自分が家族・親族のために行うためのものであるということです。

しかし、これらを行うことには具体的にどのような目的があるのでしょうか?

遺品整理と生前整理の目的

*遺品整理

遺品整理の目的というのはシンプルです。

人が亡くなってしまったら、故人の所有物だけが残された状態になってしまいます。

これらをずっと放置しておくわけにもいかないため、遺族がこれらを整理するのです。

この際に、何を残して、何を処分するのかを決めることが大事な作業になります。

*生前整理

生前整理の目的は、上で説明したような遺族の負担を和らげることの他に、財産問題・相続トラブルといった問題を解消することも挙げられます。

自分の財産を誰に、どれだけ残すのか、相続させるのかを明確に決めておかないと、自分が亡くなった後に遺族の中で争いが生まれる可能性もあります。

こうした問題を避けるために、生前整理は行う意味があるのです。

しかし、実際に遺品整理や生前整理というのは、物が大量にあるこの時代では非常に大変な作業ですよね。

また、病気などで亡くなってしまったら生前整理をしたくてもできないですよね。

そこで、こういった遺品整理や生前整理を代行して行ってくれる業者が存在するのです。

遺品整理・生前整理の専門業者というのは、こうした作業のプロですので、スムーズかつ正確に遺品整理・生前整理を行ってくれるのです。

遺品整理や生前整理は決して簡単な作業ではありません。

こうした時間を割くことができない、作業を行うことができないという方はぜひ専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか?