特殊清掃って何?具体的な事例も合わせて解説します!

ブログ

特殊清掃って何?具体的な事例も合わせて解説します!

「最近、特殊掃除ってよく聞くけどどんな掃除なんだろう?」
「詳しい内容や事例を知りたいな。」
事件や事故のあった現場をきれいにする特殊掃除があることをご存知でしょうか?

お店や会社を経営している方なら依頼することもあるかもしれません。
そこで今回は、特殊掃除の事例についてご紹介します。

 

□特殊掃除とは

まず、特殊掃除とはどのようなものかをご紹介します。
特殊掃除とは,事件や事故のあった現場から遺体を取り除き、元の状態に戻すための掃除です。
具体的には、単純に部屋の汚れを取り除く清掃活動に加えて、遺体の臭いを除去する消臭活動があります。
また、清掃活動以外にも、遺品整理や現地供養も特殊掃除に含まれます。

 

□特殊掃除の事例

次に、特殊掃除の事例をご紹介します。

*トイレで亡くなった場合

トイレで特殊掃除を行うことはよくあります。
特殊掃除の際には複雑な掃除が必要です。
例えば、体液で汚れた床を張り替えることがあります。
また、便器が汚れていると外して洗うこともあります。

 

*キッチンで亡くなった場合

キッチンはガスや水道とつながってるため時間がかかります。
具体的には、通路にある体液の処理があります。
また、体液は臭いも強いので長期間の消臭が必要です。
しかし、体液がキッチンセットの中に入った際には注意しましょう。
キッチンセット自体を交換したり、水道やガスの工事をしたりする必要があるからです。

 

*浴槽で亡くなった場合

高齢者の方だと浴槽で亡くなることは多いです。
浴槽の特殊掃除の場合、遺体を取り除くことから始めます。
その後に、浴槽についたままの皮膚を取り除きます。
血液や体液が広がっている場合は、洗浄してきれいにします。
また、消臭の際には、特別な薬品を使って臭いを取り除くことが多いです。

 

*マンションで亡くなった場合

マンションで亡くなった場合は、遺品の整理から始めます。
亡くなった方の遺品を整理して部屋を片付けるのです。
その後に、クッションやソファーについた血液をきれいにします。

 

 

□まとめ

以上、特殊掃除の事例をご紹介しました。
特殊掃除が事件や事故の掃除と知っていた方は多いと思います。
しかし、誰でも特殊掃除を依頼する可能性は十分にあります。
自分が依頼する際には掃除がしやすいように、部屋の整理をしておきましょう。
この記事を参考に、特殊掃除の依頼を検討してみてはいかがでしょうか?
また、何か分からないことや相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。