遺品整理に必要な費用の種類ってどれくらいある?

ブログ

遺品整理に必要な費用の種類ってどれくらいある?

遺品整理を行う際、遺族や親族だけで行うご予定でしょうか?

最近では、遺品の量が多くなっており遺品整理業者に頼む方も増えています。

「遺品整理業者に頼みたいけど、どの作業に対して費用がかかるのか分からない。」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方に向けて、遺品整理の作業内容と主な相場をご紹介します。

 

□遺品整理の作業内容

遺品整理を行う際の具体的な作業についてご説明します。

 

✳︎遺品の分別

故人の遺品の量が多く、分別するのが厳しいという場合に遺品整理士が遺族の方のご希望に沿う形で遺品を分別します。

分別の際には、処分すると決めた物を可燃ゴミ、プラスチックゴミなど決められた廃棄方法に従って分別します。

 

✳︎梱包

遺品の分別を行なった後、仕分けした遺品を梱包します。

 

✳︎収集

遺品は衣類や貴金属などの小さな物だけでなく、家具や家電といった大きな物もあります。

大きな物は運搬に必要な車両が必要になるので、運搬費用がかかります。

家電にはリサイクル法が義務付けられている物が多いので回収してもらうのも費用がかかります。

 

✳︎処理

廃棄物を処理する際も廃棄方法によっては費用がかかることがあります。

 

✳︎清掃

遺品整理が終わり荷物を搬出した後、部屋の清掃をします。

 

主に部屋の大きさによって料金が設定され、これらの作業は定額プランに含まれます。

 

□遺品整理の相場

明確な相場はまだ決められていませんが、基本的な相場を紹介します。

1ルーム:21,000円~

1K:35,000円~

1DK:6,000円~

1LDK:90,000円~

2DK:120,000円~

2LDK:170,000円~

3LDK:190,000円~

4LDK:250,000円~

これらは主に目安の料金です。

荷物の量や作業環境によって人数が変わるため、料金も変動します。

荷物が多ければ料金も高くなるので、事前にできる作業をしておくことが費用を抑える良い方法です。

 

□遺品整理は「クリーンアシスト」にお任せ

クリーンアシストでは、遺品整理だけでなく、養生作業や、運搬車両、現場出張、仕分け梱包、搬出作業、清掃、エアコン取外し、水回りの清掃、廃棄物処理などが基本料金に含まれているので最初から最後までサポートいたします。

また遺品の買取りによって費用の負担を減らす取り組みもしています。

オプションサービスとして別料金はかかりますが、畳撤去(1枚から)、ハウスクリーニング、リフォームなども行なっております。

またお見積もり、ご相談は無料です。

 

□最後に

遺品整理の作業内容と主な相場を紹介しました。

業者がどのような作業を行い、どれだけの費用がかかるか理解していただけたでしょうか。

高齢者にとって遺品整理を行うのは厳しいです。

「クリーンアシスト」ではそんな方のサポートをいたします。

何かお困りのことがありましたらぜひご相談ください。