遺品整理を検討中の方必見!遺品整理と不用品回収の違いとは?

ブログ

遺品整理を検討中の方必見!遺品整理と不用品回収の違いとは?

遺品整理と不用品回収の違いについてご存知でしょうか?

遺品整理というと、故人の残した所有物を整理し、処分していくことが主な作業になります。

遺品の中から貴重品や思い出のものなどを簡単に整理してしまえば、あとは処分するだけなので不用品回収業者に依頼すれば良いと考える方も多いのではないでしょうか?

遺品整理と不用品回収は全く別物です。

これらを同じものとして考えてしまうと、あとで取り返しのつかないことになるケースもあるので、両者の違いについてしっかりと理解しておくようにしましょう。

遺品整理と不用品回収の違い

遺品整理と不用品回収を行う業者がそれぞれ存在しますが、これらを同じものとして考えてはいけません。

遺品整理と不用品回収のどちらのサービスも行っている業者も存在しますが、それぞれの作業は別個のものとして考えるようにしましょう。

では、両者の違いというのは一体どういったものなのでしょうか?

まず、遺品整理では、業者に依頼した場合、全てのモノが遺品として丁寧に取り扱われます。

そのため、作業を行う際には、それぞれの遺品を貴重品や供養するもの、そして処分されるものなどに丁寧に仕分けします。

遺品整理には遺品整理士という資格があるため、遺品の取り扱いに関わる正しい知識や対応を備えた作業が行われます。

一方で不用品回収では、対象となるものは基本的に処分すべきゴミとして扱われますので、スタッフの対応において、遺品整理の場合と比べて多少荒くなる可能性があります。

そのため、遺族の方にとっては思い出深いものであっても、簡単に処分されてしまうので、精神的にショックが大きくなるケースも考えられます。

遺品整理業者に依頼した場合には、手紙などの故人の残した遺族たちの思い出の物は、寺社などで合同供養されるので、遺族の方々にとっては安心です。

遺品整理の業者を選ぶ際には、その業者の実績や信頼度、サービスの内容などを十分にチェックした上で依頼するようにしましょう。

遺品整理士の資格を持ったスタッフが対応する業者や、優良業者として認定されている業者などを選ぶと、より安心で満足のいくサービスを受けることができるでしょう。

遺品整理というのは、大切な故人の所有物を整理する重要な作業です。

料金が安いからといった理由などで不用品回収業者に依頼するのではなく、遺品を丁寧に取り扱ってくれる遺品整理業者に依頼することをオススメします。

遺品整理でお困りの方はぜひ参考にしてみてください。