【遺品整理の意味】何をすることなのか遺品整理業者がお教えします

ブログ

親類が突然亡くなってしまった時に戸惑うことの1つが遺品整理ではないでしょうか。
遺品整理という言葉はよく聞くものの、遺品整理とは何なのか、何をすることなのかはイマイチ分かりにくいですよね。
そこで、今回は遺品整理の意味や具体的にすることをご紹介いたします。
是非参考にしてみてください。

 

□遺品整理の意味とは

 

遺品整理とは亡くなった方の持ち物や生前に使っていた物、住んでいた部屋や家を片付けることです。
遺族にとって不要なものや使えないものを全て捨てることは遺品整理ではありません。
しかし、家族が使えない物や必要のない物をいつまでも放置しておくことはできませんよね。
そのため、使えるものを家族で分けたりあげたりして、必要に応じて処分しなければなりません。
一般的には、不動産や預貯金などの遺産分割に関わる財産ではない日用品や趣味の品を整理することが遺品整理といわれています。

 

□遺品整理で具体的にすること

 

ここでは、遺品整理の実際の流れをご紹介いたします。

 

*スケジュールを立てる

 

はじめに、いつ始めていつ終わらせるかという予定を作りましょう。
特に亡くなった方が賃貸物件や介護施設に住んでいた場合はこの予定が大切になってきます。
なぜなら、退去日を大家さんや施設が設定しているので、それまでに荷物を片付けなければならないからです。
また、自宅で暮らしていた場合は急いで整理をする必要はないとは思いますが、予定を立てることをおすすめします。
懐かしいものがたくさんでてきて、むかし話に盛り上がったり思い出に浸ったりしてしまい予想以上に時間がかかってしまうことがよくあるからです。

 

*遺品の仕分け

 

次に、遺品を処分するものと手元に置いておくもの、形見分けするものに分けます。
貴金属やアクセサリーなどは形見分けに分類することが一般的です。

 

*処分するものの仕分け

 

処分するものに仕分けた遺品の内、新しいものや使用できるものは、リサイクルショップや買取業者に売却しましょう。
一方で、古いものや使えないものはごみとして廃棄しましょう。

 

*手元に置いておくものの処理

 

遺品の内、相続するものは一度、査定にかけておきましょう。
その品物の価値が高い場合、相続するのにも税金がかかるためです。

 

□遺品整理は業者に委託することがおすすめ

 

「何から始めればいいのかわからない」
「遠方に家があるので遺品整理に行けない」
「孤独死してしまった部屋の整理は何をすればいいのか分からない」

このようなお悩みをお持ちの方におすすめなのが、遺品整理を業者に委託することです。
遺品整理の業者の中には遺品整理のアシストだけではなく、代行や特殊清掃を行ってくれる業者もあります。
そのため、自分たちだけで整理をするのが難しいと思われた際には、業者に委託すると大変便利です。

 

□まとめ

 

今回は遺品整理の意味や具体的にすることをご紹介いたしました。
遺品整理は遺族にとって故人を思う大切な機会です。
だからこそ、自分たちで遺品整理をするのが難しいと判断された際は、是非クリーンアシストにお任せください。