ゴミ屋敷を放置する危険!業者への依頼をおすすめします!

ブログ

「久しぶりに親族の家を訪ねてみたら、ゴミ屋敷になっていた…」
「このままゴミ屋敷を放置すると危険…。でもどうしよう…」
そのようなお悩みをお抱えの方、いらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、ゴミ屋敷を放置することの危険性と、清掃業者への依頼についてご紹介します。

 

□ゴミ屋敷を放置すると危険なのはなぜ?

「ゴミ屋敷」とは、「いつか使うかもしれない…」「忙しくてゴミを捨てる気力も湧かない…」といった心理的状態などにより、家の中にゴミが溜まっていき、家の中も外もゴミで溢れかえってしまった家のことを指します。
ゴミ屋敷の中の生活が長期間にわたって続いた場合、様々な危険性を伴います。
以下に、主な危険・事故についてご紹介します。

 

*ゴミによる健康上の危険

ゴミが溜まっていると、そこにカビが生じ、ホコリが溜まっていきます。
アレルギーの原因になる他、様々な病気の感染源となる可能性があります。
カビによる感染症は、最悪死に至るような重病を引き起こす危険性もあります。
できるだけ早く、ゴミ屋敷からの生活の脱却を計画してください。

 

*ゴミによる悪臭

ゴミが溜まると、それだけで悪臭を放つようになります。
部屋にある服や、自分自身にも臭いがこびり付いてしまい、部屋の外にまで影響を及ぼすことがあります。
悪臭による不快感はもちろん、外出するときも自分から発せられる臭いを気にしなければなりません。

 

*ゴミによる害虫・害獣の大量発生

ゴミが溜まることにより、ネズミやゴキブリなどの害獣・害虫がエサや生活場所を求めてやってくる場合があります。
ネズミが発生した場合が特に危険です。
なぜなら、家電製品などのコードをかじることによって火災が発生する危険性があるからです。
最悪の場合、火災によって近隣の住宅にも被害が出ます。

 

□清掃業者に依頼する

「ゴミ屋敷をどうにかしろと言われても、自分や親戚だけではどうにもならない…」
そのような方もいらっしゃると思われます。
そういった場合は、清掃業者にゴミ屋敷の清掃を依頼してみてはいかがでしょうか。
清掃業者は「清掃」のプロフェッショナルです。
自分や親戚だけでゴミを処理するよりも、素早く確実にゴミ屋敷の中のゴミを分別し、廃棄します。
また、家にこびりついた汚れや臭いも、ハウスクリーニングによってしっかり清掃します。

 

□まとめ

ゴミ屋敷を放置する危険と、清掃業者への依頼をご紹介しました。
弊社クリーンアシストでは、遺品整理・特殊清掃・生前整理の他、ハウスクリーニング・家財整理のサービスも行っております。
ご興味を持たれた方は、ぜひお気軽にご相談ください。