ハウスクリーニングを利用しよう!奈良で遺品整理をお考えのあなたへ!

ブログ

遺品整理やハウスクリーニングでお困りではないですか?
お葬式や法事など精神的にも体力的にも疲れている中、お部屋の片付けも考えなくてはいけないなんてとても大変ですよね。
本ページでは奈良県在住の皆さんの疲れを軽減する、ハウスクリーニングのサービスについて説明します。

 

□そもそもハウスクリーニングってどんなサービス?

 

ハウスクリーニングと聞くとただのお部屋掃除を思われる方もいるかもしれません。
しかし、ここで紹介するハウスクリーニングは掃除の専門業者が自宅まで訪問し、素人ではなかなか手の行き届かないところまできれいにしてくれるサービスです。
また、臭いに関しても徹底的に除去してくれるので、安心ですね。
そのため、家事代行サービスなどのお部屋掃除とは、質が全く違うと思ってください。

また、故人が家で亡くなった際はハウスクリーニングと同時に遺品整理も行なったほうが良いことを頭に入れておいてください。
そして、その際は遺品整理業者や特殊清掃業者に依頼しましょう。

 

□一般ハウスクリーニング業者と特殊清掃はどう違うのか?

 

上記で登場した特殊清掃について詳しく説明していきます。
皆さんは一般ハウスクリーニングのサービスを利用したことはありますか?
一般的なハウスクリーニングサービスはエアコンやフローリングなどのホコリをとってくれる、また、散らかった部屋をきれいに整理してくれます。
しかし、故人が亡くなった後の部屋の清掃というとそれだけでは足りませんよね。
では、特殊清掃はどういったところまでやってくれるのでしょうか。

特殊清掃は長い間使い古された台所、トイレ、ふろ場など部屋の細かいところを含めた全体を丸ごと清掃してくれます。
例えば、賃貸住居を明け渡さなくてはいけないときに、隅々まで丁寧に清掃してくれたらとても便利ですね。
また、体力的、精神的にかなり疲弊しているときには自分で細かいところまで気を配って清掃するのはなかなか大変だと思いますが、特殊清掃を依頼すると負担を軽減できます。

 

□部屋の臭いが酷い際は特殊清掃に依頼しましょう

 

もし故人が自宅で見つかった場合は、自宅の中に臭いが蔓延して、壁や床の深いところまでこびりつき、取れなくなるパターンがあります。
また、時間がかなり経った後は一般的なハウスクリーニングでは手が付けられない場合があります。
このような場合は特殊清掃に依頼しましょう。

特殊清掃では遺体から出てくる血液や体液、髪の毛、皮膚が付着した壁や床の除菌・脱臭をしてくれます。
これらの臭いは様々な業者が独自の製品や機械、薬剤を使って完璧に臭いをとっていきます。
また、特殊清掃に関して、臭いがと取れていない、高額な請求をされたなどのトラブルが起きているので、業者にしっかりとした技術が備わっているのか、対応は丁寧か、料金の出し方は適切かなど、注意を払って依頼する業者を選定しましょう。

臭いの除去は遺品整理と併せて行なう場合、かなり重要な作業となってくるので、ぜひ優良な特殊清掃業者に依頼して解決してもらってください。

 

□遺品整理業者と特殊清掃業者のサービス内容まとめ3選

 

ここまで記してきた内容で特殊清掃のサービスが一般的なハウスクリーニングとは異なることはご理解いただけましたか?
最後に遺品整理業者と特殊清掃業者のサービスについて3つ説明します。

まず1つは汚れた布団や家具の引き取りです。
自分ではなかなか運び出せない大きな家具なども、遺品整理と同時に引き取ってもらえるので、遠くまで運ぶ必要も、追加で処分の費用と労力を費やす必要がなくなるので安心ですね。
また、残しておきたい大事な家具などはあらかじめ整理しておくと作業もスムーズに進むのでおすすめです。

2つ目は遺品整理業者の遺品回収サービスです。
上記に並べたものの回収だけではなく、遺品なども回収してくれるので、回収してもらいたいものなどはまとめておくと良いでしょう。
この際の注意点が1つあります。
遺品整理業者は遺品を丁寧に扱ってくれますが、回収した遺品は基本的にはもう戻らないので、大切なものはしっかりと分けておきましょう。
実際に回収されてから返してほしいと連絡してもすでに手遅れで、大切な遺品が清掃後に紛失してしまったなどのトラブルも発生しているので、必ず注意してください。

3つ目は特殊清掃業者の部屋全体清掃です。
先ほど紹介したように、特殊清掃業者は普段手の届かない細かなところから臭いの除去までを手掛けてくれます。
故人が自宅で亡くなった場合などは、家具などの大きいものの整理と一緒にプロのハウスクリーニングのサービスを依頼しましょう。

以上3点が、遺品整理業者と特殊清掃業者の主なサービスでした。
皆さんの負担を大きく軽減してくれると思うのでぜひ依頼してみてはどうでしょう。

 

□まとめ

 

遺品整理業者と特殊清掃業者のサービス内容をハウスクリーニングに焦点を当てて説明してきましたが、参考になることは見つけられましたか?
故人が亡くなった場合の遺品整理や特殊清掃のタイミングなどは親族間でしっかり話し合って検討してみてください。