大阪にお住まいの方へ!良い遺品整理業者の選び方を解説します

ブログ

大阪にお住いの皆様は遺品整理を依頼する際どのような点に注意して業者を選んでいますか。
お客様の中には、注意すべき点を知らないという方もいるのではないでしょうか。
注意点をきちんと知っておかないと損をするかもしれません。
今回は、皆様が後悔することのないように優良な業者の見極め方をご紹介します。

 

□遺品整理でのトラブル事例をご紹介します

トラブル事例の1つとして、見積りよりも高い金額を請求されたり、追加でお金を請求されたりすることが挙げられます。
基本的に、遺品整理を依頼する際は、業者に来てもらい整理にかかる費用を見積もってもらいます。
そして、見積額に納得すれば、契約を交わします。
しかし、業者の中には、見積時には計上されていなかった金額を勝手に追加して支払わせようとするところもあるので注意しておきましょう。

また、訪問時に見積もり自体を出さない業者も存在するので事前に対策しておくとよいでしょう。
では、具体的にはどのような対策法があるのでしょうか。
このような不正が行われないためには、各作業にどの程度の金額がかかるかを細かく見積もってもらうことが重要です。
見積りの詳細を自分でも把握しておくようにするとよいでしょう。

さらに、契約時に追加請求がない旨を記載して契約を結んでおくとよいです。
仮に、これを拒否するような業者には依頼しないようにしましょう。
また、遺品整理は頻繁に行うものではないため、相場を予想しにくいです。
そのため、遺品整理に関する相場を、事前に調べておきましょう。

2つ目のトラブルとして、遺品を相場よりも安い値段で買い取るものがあります。
そのような業者は、利益を得るためにできるだけ低い価格をつけようとします。
骨とう品や貴重品などを査定してもらった後は、すぐに売らず、考える時間を作るようにしてください。
時間を空けて冷静になることで、売却以外の選択肢が見えてくるかもしれません。
また、専門の業者に鑑定をしてもらった方が高く査定される場合があります。

3つ目のトラブルとして、悪徳業者であれば、作業員によって貴金属や金品が盗まれることがあります。
依頼人の目が届かない場所で貴重品を見つけた際、報告せずにこっそり盗んでしまうのです。
この対策として、作業が始まる前に貴重品を金庫に入れておくことが挙げられるでしょう。
また、部屋にあるものを紙に書いてまとめておくとよいでしょう。
それでも心配であれば、作業員が悪事を働けないように近くで見張ることをおすすめします。
しかし、このような対策を取るのは面倒だと思うので、依頼する前に信頼できる業者を探しておきましょう。

4つ目のトラブルとして、遺品を不法投棄されることがあります。
一般に、回収された遺品は自治体によって定められた施設に運ばれます。
しかし、無許可で遺品回収を行っている業者は、その施設に遺品を搬入できません。
その結果として、不法投棄が行われることがあります。
また、依頼主が罪に問われることもあるので業者選びには注意が必要です。
遺品整理を行うためには、特定の許可を取っている必要があります。
業者に依頼する前に、必要な許可を取っているかについて注意してください。

5つ目のトラブルとして、依頼人に確認を取らずに遺品を捨ててしまうことが挙げられます。
業者の中には、きちんと確認せずに遺品を捨ててしまうところもあります。
思い出が詰まったもの、遺書や土地の権利書などの重要書類を勝手に捨てられるのは困りますよね。
不快な思いをしないためにも良心的な業者を選ばないようにしましょう。

 

□優良な業者を見極めるためのポイントとは

1つ目のポイントは、遺品整理士が在籍している業者を選ぶことです。
この資格は、数カ月に渡って講座を受け、遺品整理の作業やそれに臨む姿勢について学びます。
受講後、ふさわしいと判断された者だけが遺品整理士になれます。
そのため、この資格を持った者が所属する業者を選ぶようにしてください。

2つ目のポイントは、訪問見積りに応じる業者に依頼することです。
これを避けたがる業者は不当な追加請求をしてくる悪徳業者の可能性があります。
また、実際に家の中を見てもらうことで正確な値段を提示してもらえます。
電話や口頭で伝えただけでは分からないこともあるので、訪問見積りを行っているところを選ぶとよいでしょう。

3つ目のポイントは、見積書を確認することです。
内訳が細かく記載されているかを把握しておかないと、作業完了後に追加で料金が発生した際に対応できません。
4つ目のポイントは、丁寧な対応をしてもらえる業者を選ぶことです。
遺品を丁寧に扱ってくれたり、依頼主の質問にきちんと答えてくれたりする方が安心して任せられますよね。
最後のポイントは、遺品を回収するための許可証を持っているかどうかです。
この許可証を持っていないと、正規な方法で遺品を廃棄できません。

 

□まとめ

悪徳業者に当たってしまわないためにも、本記事を参考にしていただければ幸いです。
当社は、皆様の安心につながるサポートを提供できるように努めています。
お困りのことがあれば気軽にご相談ください。