奈良で遺品整理をお探しの方へ!遺品整理でよくあるトラブルをご紹介!

ブログ

奈良県にお住まいで遺品整理の悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
遺品整理に関してはトラブルなども多いので、事前にトラブルの事例を確認しておき、トラブルを未然に防げるように準備をしておきましょう。

 

□遺品整理でトラブル多発?遺品整理は業者に依頼することがおすすめです

 

遺品整理の際に起こるトラブルと言えば何が頭に思い浮かびますか?
テレビ番組やドラマでも見たことがある方も多いかもしれませんが、遺品整理の際に起こりやすいトラブルの代表例が「親族間のトラブル」です。
いったいなぜ親族間でのトラブルが多くなるかというと、親族間による事前の遺品整理の情報共有ができていないからです。
親族間でしっかりと考えを共有するために、いくつか手順を踏んで話し合いを進めていきましょう。

まずは、個々人で遺品整理に関しての方針を頭の中でまとめておきましょう。
そして、リーダーを一人選定し、リーダーを中心に親族一人一人の考えに耳をしっかりと傾けます。
一通りの意見交換が終わったらその内容を親族同士でまとめ、全員一致の合意までもっていきましょう。
一見簡単そうな手順ですが、他の親族の意見が自分の考えとは全く異なっていると、つい意見を挟みたくなるかもしれません。
一人一人が相手の意見にしっかりと向き合って議論できるのであれば、とても理想的な決め方ですね。

しかし、遺品整理の話し合いの際に、相続物の割合や、相続税に関しての取り決めが出てくると、中々上手く話し合いが進まないということが出てくると思います。
また、相続物に関して本当に公平性が保たれているのかなどの疑いが出てくることも多々あると考えられます。
こういった問題が次々と出てくる、または最初から親族同士でもめたくないとお考えの方には、遺品整理業者の利用をおすすめします。
遺品整理業者に依頼をすれば、遺品配分の公平性や、整理が難しい部屋の整理、その他相談にも乗ってくれるので、一度検討してみてはどうでしょうか。

 

□よくある遺品トラブルの例を4つご紹介します

 

上記では親族間のトラブルを中心にご紹介しましたが、遺品整理の際に起こりうるトラブルは他にもたくさん考えられます。
ここからは、遺品整理の際によくあるトラブルを4つご紹介するので、しっかりと頭に入れて、トラブル予防に活用してください。

1つ目は「不当価格買取」です。
実際はとても価値のある遺品を業者に不当な価格で買い取られるという被害にあうケースが増えています。
具体的な例としては、5万円で買い取られた遺品が後日、数10万でオークションに売り出されていた事例などが挙げられます。
こういった不当買取のトラブルを回避するために、ご自身の遺品にはいったいどれくらいの価値があるのか、相場をしっかりと知っておきましょう。
現在はネットで調べれば過去に似た商品がどれくらいの価格で落札されたかを簡単に調べられます。

2つ目は「法外な価格請求」です。
費用が安すぎる業者には要注意しましょう。
最初に含まれていなかったサービスをどんどん後付けで紹介され、最終的に思いもよらぬ金額を請求される被害が起きています。
最初からサービスや料金が明朗されている業者に依頼することでトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

3つ目は「不法投棄に巻き込まれるトラブル」です。
廃棄や処分にかかる料金を請求してくるが、処分費用を節約するために不法投棄を行う悪徳業者が問題となっています。
この不法投棄、実は責任は業者だけが問われるわけではないのです。
所有者であるみなさんにも責任が問われる場合がありますので、遺品整理業者に依頼するときは、その業者が一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているかを確認しましょう。

4つ目は「高価遺品の無断回収」です。
みなさんが知らないところに、とても価値のある遺品が眠っていたり、現金そのものが眠っている可能性も大いに考えられます。
実際に高価な遺品が無断で回収されて売却されてしまう事例も存在するので、前もって故人家の中のものを把握しておくことと、高価と思われる遺品は前もって買い取り業者に鑑定してもらうと良いのではないでしょうか。
また、何よりも信頼のおける遺品整理業者を選定することが重要になってきますね。

 

□遺品整理の最初に要確認!トラブルを未然に防ぐ3つの対策

 

最後に、遺品整理の前にぜひやってほしい3つのトラブル対策をご紹介します。
しっかりと目を通してトラブルを未然に防ぎましょう。

1つ目は見積もりを複数の業者に出してもらい、業者を慎重に選定することです。
これまで、悪徳業者によるトラブルをご紹介してきたことから分かるように、業者選びは非常に重要です。

2つ目は料金やその他費用を明朗に確認することです。
トラブルの多くはお金が関わってきます。
最初にお金に関することは明確にしておくことで、その先が安心になりますね。

3つ目は残す遺品と、処分する遺品を明確に選別することです。
予めご自身で残す遺品、処分する遺品を明確にしておくことで、作業もスムーズに進みますし、何より勝手に処分されてしまうといったトラブルの対策になります。

以上3つの注意点をしっかり入れて遺品整理すればトラブルになる可能性を大幅に軽減できるのではないでしょうか。

 

□まとめ

 

遺品整理の際に起こりうるトラブルやその対策をご紹介してきましたが、参考になることは見つかりましたか?
遺品整理はトラブルが多いと言え、業者選定や事前の知識で上手く行えますので、しっかりとご自身で判断して後悔のない選択をしましょう。