奈良で遺品整理を検討中の方必見!遺品整理に適したタイミングとは?

ブログ

遺品整理のタイミングって中々掴みづらいですよね。
しかし、人によっては遺品整理のタイミングが重要になる方もいると思います。
本ページでは奈良県在住の方向けに、遺品整理に適したタイミングを説明していきます。

 

□遺品整理を急がなくてはいけない人とは?

 

忙しい日常生活の中でついつい遺品整理を後回しにしていませんか?
確かに遺品整理は気が進むものではないかもしれません。
しかし、状況によっては遺品整理を早い段階で始めなくてはいけないケースもあるので、これからの説明を参考にしてみてください。

遺品整理を急がなくてはいけないケースは主に2パターン考えられます。

1つ目は、法的に手続きが必要なものや相続税がかかる遺品があるケースです。
なかには期日が明確に定められているものもあるので、期日を明確に把握して、優先順位を決めていくと良いでしょう。
期日を気にすることなく過ごしてしまったら、急な対応に焦り、思い通りにいかなくなってしまうこともあります。
優先順位がつけられたら、気持ちの整理をつけながら、大切なものを時間をかけてゆっくり整理していってください。

2つ目は、賃貸物件にお住いのケースです。
家賃の支払いや、部屋の契約期間の関係で早い段階で遺品整理を考えなくてはいけないことがあります。
こちらのケースは、人によってかなり時期が異なるので、大家さんや管理会社に事前に連絡をしておき、いつまでに済ませなくてはいけないかを把握しておきましょう。

以上2つのケースに該当する場合は多少時期を意識しなくてはいけません。
これに該当しない方は基本的に、遺品整理のタイミングに決まりやセオリーはないので、法事などで忙しい時期を終えてからゆっくり始めても大丈夫でしょう。

 

□遺品整理のタイミングは3つ!あなたに適した遺品整理のタイミングは?

 

遺品整理は落ち着いてからでも良いといってもやっぱり目安となるタイミングが欲しいという方もいると思います。
そんな方には遺品整理の目安となるタイミングを3つ紹介します。
あくまでも目安なので参考程度にご覧になってください。

まず1つ目は葬儀が終わった後です。
葬儀が終わった直後は遠方にお住いの親族も揃っていることが多いと思うので、積極的に話を進めることをおすすめします。
おすすめする大きな理由としては、遺品整理のトラブル回避につながるからです。
遺品整理の際、最も起こりやすいトラブルは親族間のトラブルで、内訳としては親族間の考えの共有不足が多いので、葬儀が終わった後しっかりと親族間で遺品の扱いについて認識を共有する場をもうけましょう。

2つ目は四十九日を迎えた後です。
四十九日は故人の来世の行き先が決まるとても重要な日なので、忌明けとして日常の生活に復帰する節目とも考えられます。
この気持ちを切り替えるきっかけとなる日に思い切って遺品整理に踏み出すのも良いかもしれませんね。

3つ目が、亡くなった月末や翌月末です。
これは特に賃貸住宅にお住まいの方に関係することですが、家賃の支払いの関係で14日以内に部屋を明け渡さなくてはいけないためです。
賃貸の契約期間内になるべく早めの遺品整理を検討しましょう。

 

□遺品整理は自分でやるかそれともプロに任せるか

 

遺品誠意をご自身で行なうか、それともプロに任せようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ご自身でやるか、プロに任せるかの判断材料として両者のメリットとデメリットを説明していきます。

まずはご自身でやることについてのメリットを説明します。
ご自身で遺品整理を行なうことのメリットはなんといっても自分の思い通りに丁寧に出入りができることです。
他人に任せるのと自分でやるのとでは、扱い方や想いも少なからず差が出てきますよね。
デメリットとしては精神的・体力的負担がかなりかかるということです。
法事で疲れ切った後に切り替えて遺品整理にはなかなか乗り出せないことも多いのではないでしょうか。

続いてプロに任せた場合について説明していきます。
ここでいうプロとは、遺品整理業者を意味します。
最近誕生した言葉ですが、遺族の精神的・体力的負担を大幅に軽減してくれることから、利用者も多いので知っている方も多いのではないでしょうか。
遺品整理業者に依頼するメリットとしては上記に記したメリットに加え、作業の迅速さも期待できます。

また、デメリットとしては悪徳業者によるトラブルが挙げられます。
こちらは様々なトラブル事例がありますが、たいていの問題は正しい業者選びで解決できます。

以上が自分でやることとプロに任せることのメリットとデメリットでしたが、遺品整理は、終わった後も長い手続きに労力を使うため、最終的には遺品整理業者に任せてみると良いのではないでしょうか。

 

□まとめ

 

遺品整理のタイミングを中心に説明してきましたが参考になることは見つかりましたか?
人それぞれの状況によってタイミングもかなり異なってくるので、まずはご自身の状況を整理してから遺品整理に臨むと良いのではないでしょうか。