家がゴミ屋敷になる原因!滋賀県の業者がお答えします!

ブログ

「家のゴミがたまりすぎて、足の踏み場がない……」
「自分では掃除しているつもりなのに……」
そのようなお困りごとをお抱えの方、いらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、家がゴミ屋敷になる原因をご紹介します。

 

□社会問題の一つであるゴミ屋敷

近年では、「ゴミ屋敷」は大きな社会問題の一つになっています。
「ゴミ屋敷」とは、文字通りゴミの山が家の中や外に積まれ、あふれている家のことです。
テレビ番組でその衝撃的な映像を目にした方も、少なくないのではないでしょうか。
空き家である場合もありますが、大半はゴミの山の中で人が生活しています。
家に近づきにくいため、「久しぶりに親戚の元を訪ねてみたら、ゴミ屋敷の中で孤独死していた…。」というケースも存在します。

 

□ゴミ屋敷になる原因

家がゴミ屋敷になってしまう主な原因を以下に挙げると、
・住んでいる人の心理的状態
・家が「ゴミ屋敷」になりやすい人である

 

*住んでいる人の心理的状態

家に住んでいる人の心理的状態は、「ゴミ屋敷」の大きな原因の一つです。
「忙しく、ゴミ処理をする時間がない」「外での人間関係に疲れてしまい、ゴミを捨てるやる気が起きない」などの心理的状態に陥ると、どんどんとゴミがたまっていき、気づかない内に「ゴミ屋敷」になってしまいます。

 

*家が「ゴミ屋敷」になりやすい人である

住んでいる人が、以下に紹介するようなタイプの人である場合、家が「ゴミ屋敷」になりやすいです。

・片付けが苦手な人
部屋の整理整頓が苦手であり、部屋に物が散らかっていたり、ゴミが放置されていたりしてもあまり気にならないタイプの人です。
片付ける習慣が無い人に多く、だんだんとゴミがたまってしまい、いつしか家が「ゴミ屋敷」になってしまいます。

・「もったいない」と考えてしまう人
経済的に苦労したり、「そのうち使うかも」と思って物をためこんでしまう人は、ゴミを捨てることに抵抗を感じてしまい、だんだんとゴミがたまっていきます。
こういった人も家が「ゴミ屋敷」になってしまう原因です。

 

□まとめ

家がゴミ屋敷になる原因をご紹介しました。
弊社クリーンアシストでは、遺品整理や生前整理・特殊清掃のほかに、家財整理やハウスクリーニングなども行っております。
「住居スペースを確保したい」「ゴミを捨てるのが面倒」「日常の雑務が忙しすぎて、家の掃除がおろそかになっている」「趣味で集めた収集品が溜まってしまい、整理をしたい」など、様々なお客様の「困った」を片付けのプロが解決します。
この記事を読んで興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。