家財整理と遺品整理の違いとは?滋賀で家を片付けたい人必見!

ブログ

「滋賀県で家財整理を検討しているが、遺品整理業者に依頼しても同じような作業をしてくれるのかな?」
「家財整理と遺品整理って、何が違うのか教えてほしい。」
など、家財整理と遺品整理の違いについて、疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、家財整理と遺品整理の違いについて、詳しくご紹介します。

 

□家財整理と遺品整理の異なる部分

*依頼する主体者の違い

家財整理と遺品整理では、依頼する人の立場が異なります。
家財整理は、引っ越しに伴い部屋の整理が必要な場合や、老後に備えるために整理を行う場合などに利用されます。
そのため、依頼主は家財の所有者であることが一般的です。
一方で、遺品整理は亡くなった方の遺品を整理するため、家財を持っていた方のご家族が依頼することがほとんどです。
そのため、依頼主は家財の所有者ではありません。
遺品整理では、どの家財を処理すべきか聞けないため、所有者が依頼する家財整理とは作業の内容も異なります。

 

*行う作業の違い

家財整理では、依頼主の希望に合わせて片付けの代行を行います。
生前整理として家財整理を行う場合は、遺言書作成の手助けを行う場合もあります。
遺品整理を行う際は、故人の思い出の品や相続に関わる価値のあるものに注意して、残すものと処分するものを仕分けします。
また遺品整理では、物件の状態を回復させるために、清掃を行う場合があります。
特殊な薬剤を利用し、汚れを徹底的に取り除きます。

 

 

□家財整理と遺品整理の共通する部分

*処分する品物の処理

家財整理・遺品整理は共通して、大量の不要になったものを処理する必要があります。
各自治体のごみ回収では対応してもらえない、家電製品などの廃棄を依頼できます。
また、業者はリサイクルにおける知識もあるため、不要な品物の中でまだ使えるものはリサイクルするなど、環境に優しい方法で処理します。

 

*大型の家具の移動

建物内を整理するためには、大型の家具を動かさなければならない場合があります。
そのとき、業者の人手があると、作業をスムーズに進められます。
また、家具を階段で下ろすときは技術が必要となるため、業者に任せると安心です。

 

□まとめ

今回は、家財整理と遺品整理の違いについて、詳しくご紹介しました。

家財整理と遺品整理では、行う作業が共通している部分もたくさんあります。
しかし、それぞれ専門に扱っている事例は異なるため、強みも異なります。
どちらが希望に適している業者かを判断して、依頼すると良いでしょう。