滋賀で遺品整理を検討中の方へ!衣類の整理について解説!

ブログ

「滋賀で遺品整理をしたいと考えているが、衣類をどのように整理すればよいのかわからない。」
「不必要になってしまった大量の衣類を、処分する方法が知りたい。」
など、遺品整理をする際の衣類の処分方法について、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、遺品整理における衣類について、ご紹介します。

 

 

□衣類整理の手順

*仕分けを行う

衣類を残すもの・処分するものなどに仕分けします。
この作業をまとめて行うことで、後にどのように処理するのか悩むことがなくなるので、時間の短縮につながります。
また、遺言書がないかどうかも確認しておきましょう。
遺品の衣類の中に、遺言書がある場合があります。
高価な衣類が遺品に含まれる時は、のちにトラブルが発生する可能性があるため、遺言書には十分注意しましょう。

 

*形見分けを行う

日本には形見分けと呼ばれる、故人の衣類や小物類などを、故人が親しかった人に贈る習慣があります。
保存状態が良い衣類は、形見分けとして贈られることも多いです。
遺言があればそれに従って行いますが、ない場合は遺族で相談して決めます。
一般的には、親族が顔を合わせる四十九日に形見分けが行われます。

 

*不要と判断したものを処理する

遺品の衣類の中には、不要となるものもたくさんあります。
引き取りの依頼や処分することで処理します。

 

 

□不要となったもの処理方法

*遺品整理業者に処分を依頼する

大量に処分する衣類がある場合、遺品整理業者に依頼すると良いでしょう。
家まで直接受け取ってもらえるため、衣類を運搬する必要がありません。
また、遺品整理について豊富な知識を持っているため、その他の遺品についても助言をもらえます。

 

*リサイクルショップで売る

リサイクルショップで衣類を引き取ってもらえる場合があります。
処分費用を出すことなく、お金をもらえるかもしれません。
ただし、状態が悪いものなどは買い取りを断られる場合もあるため、注意しましょう。

 

*衣類を供養する

供養を目的としてお焚き上げを行っている神社やお寺があります。
故人の衣類を捨てることにためらいがある方にお勧めです。
しかし、環境や廃棄物処理に関わる問題で、お焚き上げを行う神社やお寺を見つけることが困難な可能性があります。

 

 

□まとめ

今回は、遺品整理における衣類の整理について、ご紹介しました。

遺品整理を行う際、大型の家具や電化製品なども処分に困りますが、衣類の処分も大変です。
衣類の量が多いことによって処分が困難な場合は、遺品整理の業者に依頼することをお勧めします。
うまく業者を利用することで、子育てや仕事などで忙しい中でも手間をかけず遺品整理を行えます。