滋賀の専門家が遺品整理で服はどのようにすれば良いかを解説します!

ブログ

「故人が残した服をどのようにすれば良いかわからない」
「遺品整理で服はどのようにすれば良いの?」
このように、服の遺品整理についてお悩みの方が多くいらっしゃると思います。
しかし、具体的に遺品整理で服はどのようにすれば良いかわからないですよね。
そこで今回は、滋賀県の専門家が遺品整理で服はどのようにすれば良いか詳しく解説します。

 

 

□遺品整理で服はどのようにしたら良いの?

 

*遺言状を確認する

まず、故人が服に関して何か記述していないかを遺言状で確認してください。
故人の中には、こだわりのある服を誰に託したいか書かれている場合があります。
そのため、親族間でトラブルを防ぐためにも確認するようにしましょう。

 

*形見分けをする

葬儀が終了した後は、四十九日で家族や親族がまた集まります。
その際に、衣類の形見分けを行いましょう。
故人との思い出話に馳せながら、遺品の分類を行なってください。
また、友人や同年代の方に形見分けするのも良いでしょう。
形見分けした衣類の中には、新品で未使用なものが残っていること場合があるからです。

 

*リサイクルショップに持参

リサイクルショップでは、衣類の買取を行なっていることがほとんどです。
ただし、ひどい汚れや破損がある場合は、買い取ってもらえない場合があります。
事前に、リサイクルショップではどのような条件で買い取っているかを確認しておきましょう。
確認後は、買取見積もりをしてもらうのが良いです。
一部のリサイクルショップでは、出張買取を行なっている場合があります。

 

*寄付をする

形見分けをして余った服は、寄付するのが良いです。
せっかくの遺品の服を捨ててしまうのは、もったいないですよね。
衣類の寄付は、日本全国の団体で受け付けています。
遠方の場合は、段ボールに詰めて郵送するのが良いでしょう。
細かい条件に関しては、その団体に問い合わせるのが良いです。

 

*遺品整理業者に相談

服の遺品整理は、業者に依頼すると便利です。
遺品整理のプロが効率よく対処してくれます。
時間がない方や他の遺品が大量にある場合に利用するのがおすすめです。

 

 

□まとめ

今回は、滋賀の専門家が遺品整理で服はどのようにすれば良いかを解説しました。
この記事を参考にして、服の遺品整理をスムーズに行なってください。
当社では、遺品整理に関するご相談を随時受け付けています。
遺品整理の専門家がお客様のお悩みを真摯にお伺いし、全面的にバックアップ致します。
ぜひ一度、当社まで気軽にお電話でお問い合わせください。