滋賀の専門家が遺品整理の際の供養の必要性と方法について解説します!

ブログ

「供養の仕方を教えて欲しい」
このように、遺品整理を考えている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、遺品整理の際の供養の必要性と方法について詳しく知らないですよね。
そこで今回は、滋賀の専門家が遺品整理の際の供養の必要性と方法について解説します。

 

 

□供養の必要性

遺品供養は、日本の風習です。
日本では、古くからモノや自然に魂が宿ると言われています。
具体的には、神仏化したものや擬人化したものです。
人形やお守り、神棚、仏壇といったものが該当します。

 

 

□遺品整理の際の供養

焚き上げの方法には、大きく分けて2つあります。
それは、「合同供養」と「現場供養」です。
依頼する場合は、通常故人のお墓の管轄の寺院や神社に行ってもらいます。
例外として、個人が信仰していた宗派に依頼する場合もあります。

 

*合同供養

供養したい遺品を他の方の遺品と一緒に供養する方法です。
通常は、供養する遺品を寺院や神社に持ち込みます。

 

*現場供養

現場供養とは、家にお坊さんが来て、供養する方法です。

 

 

□お焚き上げを依頼する場所

 

*お寺・神社

昔は、お寺・神社に依頼するのが通例でした。

 

*焚き上げ業者

焚き上げだけ依頼したい場合に、利用するのがおすすめです。

 

*遺品整理業者

遺品整理を依頼した業者に、焚き上げを一緒に依頼する方法があります。
面倒な手続きを行う必要もありません。

 

 

□供養を業者に依頼するときの流れ

 

*お問い合わせ

まず、業者に依頼をします。

 

*見積もり

その次に、供養にかかる見積もりを取ってもらいます。
通常は、直接現場まで出向いて見積もりをします。
ただ、電話で仏壇や段ボールのサイズを伝えると、概算見積もりを知れる場合があります。

 

*引き取り日時の決定

見積もりに納得したら、供養の引き取り日時を決定します。

 

*梱包・搬出

引き取り日時に業者がきて、ひとつずつ丁寧に梱包・搬出します。

 

*書類の記入

搬出が完了すると、依頼主が書類に必要事項を全て記入します。

 

*確認・精算

書類に必要事項を全て記入すると、精算を行います。
供養品は、業者が持ち帰って目的地まで輸送します。

 

 

□まとめ

今回は、滋賀の専門家が遺品整理の際の供養の必要性と方法について解説しました。
この記事を参考にして、遺品整理の際に供養を行ってください。
当社では、遺品整理に関するご相談を随時受け付けています。
遺品整理の専門家がお客様の事情を考慮して、全面的にサポート致します。
ぜひ一度、当社まで気軽にお電話で問い合わせください。