滋賀の専門家が遺品整理を行う時期について解説します!

ブログ

「孤独死した親族の遺品整理はいつ行えば良いの?」
「遺品整理を行う時期について教えて欲しい」
このように、遺品整理についてお悩みの方が多くいらっしゃると思います。
しかし、遺品整理を行う時期についてわからないですよね。
そこで今回は、滋賀の専門家が遺品整理を行う時期について解説します。

 

 

□遺品整理の時期はいつが正解?

ズバリ、遺品整理の時期に関して正解はありません。
法事の準備が落ちついて、時間的に余裕が出た場合に整理を始めましょう。
しかし、手続きが早急に必要で、期限が迫っている場合があります。

 

 

□遺品整理の時期の目安

大まかな遺品整理の時期の目安として、区切りの良い四十九日や百日法要、一周忌のタイミングが良いでしょう。
親族なしに遺品整理を行うと、トラブルが発生してしまう可能性が高いです。
そのため、遺品整理の際は、親族間がそろった状態で話し合うのが良いです。
また、賃貸物件の場合は家賃や部屋の明け渡しを急がないといけない場合が多いです。
そのため、早急に大家や管理人と連絡を取るようにしてください。
しかし、故人がなくなったことによる精神的ダメージが大きい場合があります。
その際は、心の整理がつき、自分の気持ちにゆとりを持ててから遺品整理を行う方法もあります。

 

 

□早急に行う必要がある手続き

 

*今すぐ行うべき手続き

電気やガス、水道の契約者の名義変更を今すぐ行いましょう。
また、新聞やインターネット回線の解約や名義変更もすぐに申請が必要です。
その他にも、健康保険証の返却や厚生年金の手続き、国民年金の加入が必要です。
ただし、国民年金の加入は配偶者が故人の扶養になっていた場合に限ります。

 

*7日以内

7日以内に、死亡届を提出しましょう。
また、埋火葬許可証交付申請の手続きを行う必要があります。

 

*10日以内

10日以内に、年金受給権者死亡届を提出しましょう。
また、加給年金額対象者不該当届の提出も必要です。
ただし、基礎年金は14日以内です。
その他にも、手続きが必要です。
事前に、手続きの時期を確認しておきましょう。

 

 

□まとめ

今回は、滋賀の専門家が遺品整理を行う時期について解説しました。
この記事を参考にして、遺品整理の時期のスケジューリングを行なってください。
当社では、遺品整理に関するご相談を随時受け付けています。
遺品整理の専門家がお客様のお悩みを真摯に受け止め、遺品整理のお手伝いを全力でさせていただきます。
ぜひ一度、当社まで気軽にお電話でお問い合わせください。