滋賀の特殊掃除の業者が解説!亡くなった方の部屋の消毒方法とは?

ブログ

「亡くなった家族の部屋の消毒って具体的にどんなことをしているのだろう…」
「特殊掃除で使う消毒剤や消毒方法が知りたい…」
孤独死した方のお部屋を清掃する場合、感染症の危険があるので、はじめに消毒する必要があります。
こうした場合、どのように消毒すればいいか詳しくは知らないという方もいるのではないでしょうか。
そこで、今回は亡くなった方の部屋を消毒する方法についてご紹介していきます。

 

□消毒剤の種類

部屋を消毒する方法として、使う消毒剤の種類と消毒方法に分けて説明していきます。
まず、ここでは消毒剤の種類についてお伝えします。

 

*安定化二酸化塩素

ハイターなどの塩素系洗剤でも確かに消毒することはできますが、洗剤をかけた部分の床や壁は腐食してしまいます。
しかし、安定化二酸化塩素はほとんど腐食や変色を起こすことなく消毒することができるという特徴を持っています。

 

*次亜塩素酸水

殺菌能力がとても高いため、芽胞細菌まで消毒することができます。
作業時の二次感染に効果的です。

 

*エタノール

エチルアルコールとも呼ばれるこの消毒剤は、手指の消毒にも使用されます。
広範囲に用いられ、その効果は大きく分けて、菌の細胞膜の損傷と細胞内のタンパク質凝固による代謝阻害に分けられます。

 

□消毒方法の種類

 

*マイクロ噴霧器

消毒剤や消臭剤を5マイクロメートルレベルで霧状にすることができます。
霧状の消毒剤をあらゆる隙間に染み込ませることができます。

 

*手動蓄圧式噴霧器

狭いスペースやあまり高い電圧が使えないような場所においては、手動の噴霧器を使います。
ご自身で消毒を行う場合、噴霧器は場所や状況に応じて使い分けましょう。

 

*オゾン発生器

オゾンは細胞膜を破壊するため、除菌効果があります。
また、消毒だけでなく消臭効果も期待できます。

 

 

□消毒作業は個人でも大丈夫?

亡くなった方の部屋を消毒する方法は様々ですが、場面に応じて消毒剤や使用する機材を使い分ける必要があります。
また、消毒に使用する機材だけでなく、防護服や特殊なマスクを持っていないという方も多いのではないでしょうか。
さらに、特殊掃除には感染症にかかってしまうリスクが伴います。
そのため安全面から考えても、できれば専門業者に依頼することをおすすめします。
経験を積んだ業者であれば、確実に消毒を行い、次にお部屋を使う方も安心して使うことができるでしょう。

 

□まとめ

今回は亡くなった方の部屋を消毒する方法についてご紹介しました。
亡くなった方の部屋の消毒に使う消毒剤や機材には様々なものがあります。
また、それらを状況に合わせて適切に使うことが重要です。
そのため、不安な方は専門業者に特殊掃除を依頼してみてはいかがでしょうか。
ご不明点や疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。