滋賀の特殊掃除会社がご紹介!キッチンで亡くなった場合の掃除方法!

ブログ

「家族がキッチンで亡くなったので、掃除をしたい…」
「キッチンの掃除をしたいけど、どんな方法があるのだろう…」
ご家族や親戚が孤独死し、ご遺体で発見される時、キッチンで発見されるということは珍しくありません。
しかし、こうした場合、体液が染み込んだキッチンの掃除方法が分からないという方もいるのではないでしょうか?
そこで、今回はキッチンで亡くなった場合の掃除方法についてご紹介していきます。

 

□床を洗浄する

キッチンの前というのは狭い場合が多いので、亡くなると体液がキッチン全体に広がっていることがほとんどです。
そのため、キッチンの床は満遍なく洗浄する必要があります。
一般的な洗剤ではほとんど洗浄できないので、血液や体液を落とすための特殊な薬品を使って洗浄していきます。
また、場合によっては害虫が発生していることがあるので、しっかりと洗浄することが大切です。

 

□消臭・消毒をする

通常の部屋と比べて、キッチンは狭いので、強い臭気が残っています。
表面の洗浄を行っても、臭いを完全に取ることは難しいです。
そのため、専用の薬品を使ったり、オゾン脱臭機を使ったりして本格的な消臭を行うことが必要です。
こうした作業は、消臭だけでなく消毒にも効果があるので、感染症のリスクを下げることができます。

 

□キッチン周りを解体する

 

*床の解体

亡くなってから時間が経過しているほど、ご遺体から出る体液の量は多いとされています。
そのため、床の表面だけでなく、床下まで染み込んでいることがあります。
こうした場合は、床の表面だけ洗浄しても、臭いが取れなかったり、害虫が発生したりします。
したがって、最低限の範囲だけでも床を張り替える必要があります。

 

*キッチンセットの解体

比較的、キッチンは狭いため、床だけでなくキッチン設備の下にまで体液が浸透している場合があります。
キッチンの周りには、水道や電気系統などが張り巡らされているので、床とこうした設備との隙間から体液が染み込んでいることがあります。
こうした場合は、キッチン設備の解体や電気工事、水道工事が必要です。
特に、電気工事や水道工事などはご自身で行うことは大変難しいと思われます。
そのため、キッチン周りの特殊掃除は業者に依頼するのをおすすめします。

 

□まとめ

今回はキッチンで亡くなった場合の掃除方法についてご紹介しました。
キッチンの特殊掃除には、床の洗浄や消臭・消毒以外にも解体作業が必要な場合があります。
キッチンの特殊掃除をご自身で行うのは非常に難しいため、専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
ご不明点や疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。