滋賀の遺品整理はいつから始めれば良いのか

ブログ

滋賀で家族が亡くなった場合、遺品整理はいつから始めれば良いのでしょうか。
遺品整理のタイミングについて調べてみました。

 

 

□遺品整理のタイミング

 

遺品整理を急ぐケースと急がないケースがあります。

*急ぐケース

故人が賃貸物件に住んでいた場合は、大家や不動産会社との賃貸契約があるので急ぐ必要があります。
遺品整理がその月のうちに済めば良いのですが、翌月までかかるとその分だけ余分に家賃が発生することになります。
また、退去する前に退去日を通知する必要がありますが、一般賃貸住宅の場合は退去日の14日前までに通知するのが通常です。
家族が亡くなったショックで遺品整理どころではない場合もありますが、賃貸物件を借りたままの状態が続くと、日にちがたつごとに余分な家賃を払うことになります。
そのため、1日も早く遺品を整理して退去したいものです。
賃貸住宅の場合は、葬儀の終了と同時に部屋を退去できるように、遺品を整理するのが良いでしょう。
この場合は、故人の供養や故人を偲ぶのは家に帰ってからということになります。

*急がないケース

一戸建てに住んでいる場合は、急いで遺品を整理する必要はありません。
そのため、法要に合わせて整理する人もいるようです。
もちろん、法要と関係なく、もっと早く整理しても問題はありません。
法要に合わせるとは、たとえば49日の法要や、1周忌、3周忌などに合わせて遺品を整理するものです。
このような法要の時期に合わせることで、遺族の心にも踏ん切りがつきやすくなります。
遺品の整理は何かのきっかけで行わないと、いつまでもそのままになってしまいがちです。
そうなると、故人の遺品を見るたびに悲しくなり、家族はいつまでも立ち直ることができません。
このような状態が長く続くのは、遺族にとっても好ましくないので、どこかで遺品を整理すべきなのですが、法要をきっかけに遺品整理を行うのは気持ちを整理する上でも有効です。

 

 

□まとめ

 

家族が亡くなった場合、遺品を整理するタイミングは賃貸住宅か一戸建てかによって変わります。
賃貸住宅の場合は、遺品整理が翌月にまたがるとその分だけ余分に家賃がかかるので、なるべく早く済ませたほうが良いでしょう。
一戸建ての場合は急ぐ必要はないので、49日や1周忌、3周忌などの法要に合わせて遺品を整理する人も多いようです。
法要に合わせることで遺族も心の踏ん切りがつきやすくなり、悲しみから抜け出して前向きになることができます。