滋賀の遺品整理業者が解説します|遺品整理の失敗例とは?

ブログ

「遺品整理で失敗しないか不安だな。」

「失敗しないためにどのような対策をしたら良いのだろう。」

このように遺品整理についてお悩みの方はいませんか。

亡くなってからしばらくしたので、故人の遺品整理を行ったという方は多いのではないでしょうか。

しかし、中には遺品整理で失敗しないか不安で、困っている方もいらっしゃいますよね。

そこで今回の記事では、遺品整理でよくある失敗例と対策について滋賀の遺品整理業者が解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□遺品整理でよくある失敗例とは?

遺品整理でよくある失敗例を4つ解説します。

 

*貴重品を処分する

故人が残していた貴重品を気づかずに処分してしまうことは、よくある失敗例です。

最初は丁寧に仕分けをしていても、時間が経つにつれて確認が雑になってしまうことがあります。

カバンの中や引き出しにしまっていた貴重品を手放して、後で後悔しないように注意しましょう。

現金や貴重品といった資産が見つかった場合は、相続対象に含める必要があるので注意しましょう。

また、土地の権利書や保険証券といった重要書類も、うっかりと処分しないようにしましょう。

 

*うっかりと捨てる

貴重品を処分してしまうこと以外に、ゴミと思って処分して困ることもあります。

例えばカギやリモコンです。

何に使うカギやリモコンか分からずに処分し、後で物置や金庫が開かなかったり、家電が使えなくて困ったりするでしょう。

また、プロバイダからレンタルしているルーターや、レンタルDVDを処分してしまうケースもあります。

 

*形見分けで揉める

親族間で揉めるのが、形見分けです。

自分の欲しいものをもらえない、他の人の方が高いものをもらったというトラブルがあります。

形見分けは、故人の遺志と親族の希望を十分に考えて決める必要があるでしょう。

 

*賃貸の退去期限に間に合わない

遺品整理を開始することが遅れると、賃貸の開始期限に間に合わないことがあります。

通常、借主が亡くなると、賃貸契約が解除となり退去を迫られることがあります。

まずは、賃貸契約書を確認してください。

退去期限から逆算して、遺品整理を進めていく必要があります。

 

 

□遺品整理で失敗しないための対策とは?

遺品整理で失敗しないための対策を5つ解説します。

 

*故人の遺志を反映する

エンディングノートや遺言状があれば、できるだけ従いましょう。

親族から異議が出ても、故人の遺志であることを告げると納得してもらいやすいです。

生前整理を行い、親にエンディングノートや遺言状の作成をすすめることも良いでしょう。

 

*生前整理をする

生前整理をしておくことで、遺品整理で失敗をせずに済みます。

最近は、終活を進める人が増えていることも、話をしてみると良いでしょう。

老後を安心して迎えられるだけでなく、形見分けや相続についても自分の意思を反映できることを理解してもらいましょう。

遺品整理で失敗しないためにも、生前整理は必要なので、二つは切っても離せない関係です。

遺品整理業者の多くは生前整理も引き受けて要るので、相談してもらうと良いでしょう。

 

*できるだけ親総出で行う

親族総出でできるだけ行うことをおすすめします。

作業は大人数でした方が効率良くスムーズに進むこともメリットです。

しかし、発言力が大きい方がいる場合は、意見を言いにくい空気になることがあります。

親族間でトラブルにならないためにも、生前整理もおすすめです。

 

*悩むものは取っておく

1度手放してしまうと、2度と手にできません。

そのため、悩むものは取っておくことをおすすめします。

誰の引き取り手のないモノでも、故人との思い出がよみがえってくるモノもあるでしょう。

慌ただしさの中で、冷静さを失い大切なものを処分してしまうことも起こっています。

スペースが許す場合は、悩むモノも取っておきましょう。

時間がかかっても、誰かと相談しながら見直していくことをおすすめします。

遺品の整理をしながら、心の整理とともに次のステップに進んでも遅くはありません。

 

*専門家への依頼を検討する

専門業者に依頼することもおすすめです。

プロの知識と経験により、効率よく整理してもらえるでしょう。

費用はかかりますが、自分達でやるよりも失敗を防げます。

第三者である業者に依頼することで、親族間の揉め事も防げるでしょう。

業者を選ぶ際は、少なとも2〜3社には見積もりを依頼しましょう。

料金やサービスの内容に格差がある場合があります。

料金はもちろん、サービスの内容や対応の良し悪しをしっかりと比較してから依頼をしましょう。

担当者と会い、お客様の想いに合った、誠実な業者を選んでください。

 

 

□まとめ

今回は、遺品整理でよくある失敗と対策について紹介しました。

この記事を参考に、遺品整理をしてみてください。

当社は、遺品整理や生前整理についてのご相談を随時受け付けています。

遺品整理の専門家がお客様を全面的にバックアップし、お客様のサポートを致します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。