滋賀県の遺品整理のプロが解説!生前整理の重要性とやり方!

ブログ

「親が老人ホームに入居していて体の調子がすぐれないため、近いうちに以前住んでいた部屋の整理をしたい。」
「両親が元気なうちに、それぞれの持ち物を整理したいがどのように行えばいいのだろう?」
このように、生前整理についてお悩みの方もいらっしゃると思います。

今回は、遺品整理の生前整理について詳しくご紹介します。
生前整理について知り、適切な方法でお部屋や住宅をすっきりさせましょう。

 

 

□生前整理について

 

*そもそも生前整理とは

生前整理とは、モノを所有している本人が身辺の整理をすることを指します。
本人が整理を行うかどうかが遺品整理とは異なる点です。
生前整理は、財産問題や相続トラブルが起こることを防ぐことを、目的として行われることが多いです。
そのため、ものの整理だけでなく、財産目録を作ることも生前整理に含まれるでしょう。

 

*生前整理の必要性

高齢になるにつれて、ものを管理する能力が衰えてしまいます。
そのため、ものがたくさんあると整理整頓が難しくなるでしょう。
生前整理をすることで、必要なものだけが残るため生活しやすい環境になるでしょう。
また、ご遺族の負担を減らせます。
ものが少ないと遺品整理もスムーズに行えますし、相続について決めておくことでトラブルの発生も防げます。

 

 

□生前整理のやり方

 

*長期間使用していないものを処理する

衣類や雑貨など、長い間使っていないものは処分しましょう。
古本や雑誌など価値のあるものは、古本屋やリサイクルショップに持っていくことでお金に変えられるかもしれません。
また、不要な家具や家電も譲ったり、売却したりしましょう。

 

*財産目録を作成する

大切なものを処分しないように、財産の目録を作りましょう。
また、財産目録は親族の方が相続する際にも役立つでしょう。
財産目録には、以下のような項目を記載します。

・健康保険や生命保険などに関わる書類
・銀行の預貯金通帳
・不動産に関わる権利書
・絵画や壺などの価値のあるもの

 

 

□まとめ

 

今回は、遺品整理の生前整理についてご紹介しました。

生前整理の重要性についてお分かりいただけたと思います。
当社は、生前整理をされる方のお気持ちを配慮し、丁寧で安全な対応を心がけております。
モノの整理や相続についての知識や経験が豊富なスタッフが、生前整理をお手伝いします。
滋賀県で生前整理をご検討の方、生前整理のやり方について、もっと詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。