石川で遺品整理をお考えの方必見!遺品整理のポイントをご紹介します!

ブログ

人が亡くなった時、子どもや親、兄弟、姉妹、親戚などの繋がりが深い人間が行うのが遺品整理です。
しかし、遺品整理に慣れている人はあまりいないため「何から手をつけて良いのかわからない」とお悩みの人がほとんどでしょう。
そこで今回は、石川で遺品整理をお考えの方に向けて、遺品整理のポイントをご紹介します。

 

□知っておくとスムーズなご両親の遺品整理のコツをご紹介します!

1つ目は、「感情と向き合う」です。
ご両親の遺品整理がスムーズに進まない方は多いのではないでしょうか。
この原因は、気持ちの整理ができていないことでしょう。

そのため、気持ちの整理をどのようにするのかが重要です。
哲学的、論理的に考えて遺品整理をスムーズに進めると良いでしょう。

2つ目は、「まずは相続系の遺品から整理する」です。
心理学やコーチングの世界では「一番簡単なことからやる」のが、勢いをつけるためのセオリーとなっていますよね。
これは、普段の生活でも多くの人が実感しているでしょう。
ご両親の遺品整理を難しく感じる時も、同じようなことが言えて、何からすれば良いのかわからない場合はまず相続系の遺品から手をつけることがおすすめです。

しかし、「相続系の遺品がない」、「アパートの退去が迫っている」などの状況によっては、他に優先すべきこともあるため注意しましょう。
では、なぜ相続系の遺品から整理する方が良いのでしょうか。
それは、他の遺産整理とは違い、相続税の申告は法的な期限があるからです。
亡くなってから10か月という期限で多くの手順を踏む必要があるため、しっかりと確認しておきましょう。

この10か月で行うことは、預金通帳や有価証券を探すだけではありません。
これらを探した後、遺産分割の話し合いを行い、「遺産分割協議書」などの書類を作成する必要があります。
そのために必要な不動産登記薄などの書類も全て集めて、税務署に相続税の申告をします。
このように多くの手順を踏む必要があるため、10か月は意外とあっという間に感じる方が多いです。

このような理由があるため、「何から手をつけたら良いのかわからない」という時はまず、相続系のものから整理してみてください。

3つ目は、「専門業者に任せるべき部分は任せる」です。
どのような作業であっても、やはりプロが行うと圧倒的にスムーズです。
もちろん、遺品整理のような分野は、人にやってもらうことに罪悪感を覚える方も少なくないでしょう。
しかし、自分以外の家族に大きな負担がかかってしまっている場合は専門業者に任せた方が良いかもしれません。

 

□遺品を仕分けるポイントを解説します!

ここからは、貴金属や宝飾品などの遺品を仕分けるポイントをご紹介します。

指輪やネックレスといった貴金属、宝飾品は、まずプロから査定を受けることをおすすめします。
これらの遺品が高価なものであれば、相続問題に関わってくるからです。
法的なトラブルをなるべく避けるために、まずは遺品の価値を把握しておきましょう。
また、宝飾品は時代によって流行があるため、価値だけでなく好みも分かれるものです。
そのまま保管しておいた方が良いかどうか、まずは査定してみなければわからないでしょう。

もし、遺族が引き取る場合はリフォームという方法もあります。
指輪をネックレスにしたり、指輪のデザインはそのままに好みの形やサイズに変えたりしても良いでしょう。
リフォームについては宝飾品店に相談すれば、プロの目と技術でまったく新しいものに生まれ変わるかもしれません。

 

□遺品整理を行う時期をご紹介します!

ここからは、遺品整理を行う時期を2つに分けてご紹介します。

*早めに行った方が良い場合

遺品整理は一般的に、故人の葬儀と四十九日などが終了したタイミングで行うケースが多いでしょう。
しかし、なかなか手を付けられない方も多く、百か日法要や1周忌に行う方もいます。
故人が一軒家に住んでいた場合は、気持ちが落ち着いてから始めても良いでしょう。

しかし、故人が賃貸物件に住んでいた場合は、契約を解消して退去手続きをしないと家賃が発生するため注意が必要です。
そのため、なるべく早い時期に遺品整理を行うのがおすすめです。

*相続税が発生する遺品は10か月以内に

個人の遺品には相続税が必要になるものもあります。
相続税がかかる遺品には、「現金」、「有価証券」、「土地」、「貸付金」、「著作権」、「死亡保険金」など多くの種類があるためしっかりと確認しておきましょう。
これらは相続税の課税対象で、故人の亡くなった日から10か月以上経過すると重加算税がかかってしまうため、注意が必要です。

 

□まとめ

今回の記事では、石川で遺品整理をお考えの方に向けて、遺品整理のポイントをご紹介しました。
遺品整理は精神的にも肉体的にも大変なため、場合によっては生活に支障をきたす場合もあるでしょう。
そのような時は、当社が素早く丁寧に対応しますので、無理せずお気軽にご相談ください。