福井在住の方に知ってほしい!遺品整理の作業時間について!

ブログ

福井に在住の方で、遺品整理を行いたい方はいらっしゃいませんか。
しかし、遺品整理は頻繁に行うことではありませんので、なかなかイメージがつかないものです。
遺品整理にどのくらいの作業時間がかかるのかも分からない方が多いと思います。
今回は、そのような方に向けて、遺品整理の作業時間について解説します。

 

□遺品整理にかかる作業時間の目安とは

遺品整理にかかる作業時間は、一概に説明できないということが事実です。

個人で遺品整理を行う場合の作業時間の目安は、ワンルームであれば1日から1週間と言えるでしょう。
3LDKの間取りの家で、ゆっくりと作業を進める方であれば、1年間かけて作業する方もいます。

遺品整理業者に依頼する場合は、ある程度作業時間を短縮できます。
ワンルームであれば、1人の派遣で2時間から3時間が目安です。
3LDKであれば、3人から5人の派遣で6時間から10時間かかるのが目安でしょう。

遺品整理にかかる作業時間は、家の広さと遺品の量によって異なります。
家が広いと遺品整理にかかる時間は長くなりますし、家が狭くても遺品の量が多ければ作業時間は長くなるでしょう。
家の広さ、遺品の量が同じ場合でも、マンションの階が高い方が上り下りの移動時間がかかることを考慮すると、作業時間はかかります。

また、遺品整理の作業時間は人員の数によっても異なります。
遺品整理に割ける人員が多ければ、作業時間も短縮できるでしょう。

このように、家の広さや条件、人員数によって大きく作業時間が変化することが分かります。

 

□遺品整理を急いだ方が良い場合とは

遺品整理は急いで行う必要がある場合がありますので紹介します。

1つ目に、故人が賃貸住宅にお住まいだった場合です。
賃貸住宅には、明け渡しの期間が決まっており、それまでに部屋を片付ける必要があるからです。
明け渡しの時期は、賃貸住宅によって異なりますので、契約書を確認しましょう。
マンションやアパートの場合は、遺品整理で狭い通路を何度も行ったり来たりして、他の住人に迷惑がかかりかねませんので、事前に大家さんに連絡しておきましょう。

2つ目に、相続税の支払い期限が迫っている場合です。
相続税の申告は、遺産を相続して10ヶ月以内に行う必要があると決められています。
これに対して、遺産相続をしないことを申し出る場合、3ヶ月以内に破棄申請をする必要があるので気を付けましょう。
この期間までに、遺書の確認や、何が遺産にあたるのかを把握する必要があるため、遺品整理を行うことが求められます。

3つ目に、四十九日を目安に遺品整理を行いたいと考えている場合です。
葬式が終了するまでは遺品整理以外のことで忙しく、それどころではないことが多いので、四十九日を目処に遺品整理する方が多いでしょう。
ただし四十九日と言っても、自分の気持ちの整理も必要ですので、決して余裕がある日程ではありません。
四十九日を目処に考えている場合も、遺品整理を急いだ方が無難です。

1つ目、2つ目にあげた、賃貸住宅の明け渡しや相続税の申告の期間は延ばせないので、間に合わせることは必須です。
3つ目にあげた遺品整理の時期は、正解はないので、自分の気持ちが落ち着くのを待ち、他の親族とよく話し合ってから取りかかることをおすすめします。

 

□遺品整理を早く終わらせるコツとは

遺品整理を早く終わらせるにはコツがありますので紹介します。

1つ目は、遺品整理の当日までの準備を入念に行うことです。
遺品整理では、分類作業が主な内容となりますので、当日になって遺品を残すのか残さないのかを迷っていては、遺品整理の効率が下がってしまうでしょう。
遺品整理当日までに何を残すのか、何を回収してもらうのかを明確にしておくことがおすすめです。

見えているものを分類するのはもちろんのこと、遺品整理をしていく中で、新たに出てくるものも想定して分類しておきましょう。
この分類では、残すものと回収してもらうものだけではなく、遺品となるものや、回収してもらうか分からないものなど、できるだけ細かく分類できればなお良いでしょう。

2つ目は、生前整理をしておくことです。
生前整理をすることによって、遺品の量をあらかじめ減らせます。
また、本人の意向を本人の口から直接聞けるので、遺品整理を行う際に、残しておくべきものに迷うことを解消できるでしょう。

生前整理はすることによるメリットが他にもたくさんあります。
家のものが整理されるので、老後の生活での危険も減少できることがあげられるでしょう。
家の中で積み上がった荷物や、足場を減らしている荷物があると危険も増えます。

気持ちの整理ができることも生前整理を行うメリットです。
ずっと探していたものが、生前整理することで見つかるかもしれませんし、これまでの人生を見返す良い機会になることが期待できます。

 

□まとめ

今回は、福井に在住の方に向けて、遺品整理にかかる作業時間について解説しました。
賃貸住宅の明け渡しや相続税で、遺品整理を急がなければならないこともあるので注意しましょう。
負担を軽減したい時は、遺品整理業者に依頼すると良いでしょう。
当社も、遺品整理のお手伝いをさせていただきますのでお問い合わせください。