賃貸物件の遺品整理について滋賀県の方に解説!

ブログ

「滋賀で遺品整理を検討している」
「賃貸物件の遺品整理の注意点やポイントについて知りたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、滋賀の方に向けて、賃貸物件の遺品整理の注意点やポイントについてご紹介します。

 

 

□賃貸物件の遺品整理について

 

*遺品整理の流れ

・問い合わせや見積もり依頼
・訪問日などを決める
・訪問や正式見積もり
・遺品整理作業
・料金精算
・遺品の供養
以上が遺品整理の流れです。

 

*賃貸物件の遺品整理の相場

賃貸物件の遺品整理の相場は1DKの部屋で50000~100000円です。
遺品の数・遺品の量・片付けに使用するトラックなどによって価格は変わります。
価格が気になる方は一度見積もりを依頼してみましょう。

 

 

□遺品整理をする際のポイント

 

*相続税と贈与税がかかる物を把握する

遺品整理を始める前に相続や手続きなどに必要な書類を探しておきましょう。
贈与税は、1年間で受け取った財産が110万円を超えた場合に課税されるため、分けて考えましょう。
高額品を形見分けする・金品の贈与を受けているなどの場合は別途申告が必要です。

 

*預金通帳や権利書などは捨てない

故人の預金通帳や権利書などは処分しないように注意しましょう。
これらは必ず探し出し、相続まで遺族の代表者がきちんと保管しておきましょう。

 

 

□賃貸物件の遺品整理の注意点

 

*賃貸借契約書を確認する

賃貸借契約書とは、家賃・退去日・解約・違約金などについて書かれている書類です。
住民が亡くなったら賃貸物件を解約する必要があるため、退去日と家賃について確認しましょう。

 

*公営住宅では賃貸借契約書の内容に注意する

公営住宅では、退去時に換気扇・配線・網戸などの撤去を義務付けられている場合があります。
また、ハウスクリーニングを借主と貸主のどちらが負担するかの問題もあるため、必ず契約内容を確認しましょう。

 

 

□まとめ

今回は、滋賀の方に向けて、賃貸物件の遺品整理の注意点やポイントについてご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、豊富な経験と専門知識を持つスタッフが遺品整理・家財整理・生前整理を行っております。
遺品整理士認定協会が推薦する優良事業所にも認定されています。
当社では、1点から1軒まで依頼を承っており、大切な思い出の整理・買取などなんでもお任せください。
依頼者様に安心・信頼していただけるように迅速に対応し、すべての遺品を丁寧に取り扱います。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。