遺品整理する時期はいつが最適?滋賀のクリーンアシストが解説

ブログ

「遺品整理を依頼したいけど依頼に適した時期が全然わからない。」
「遺品整理に適した時期について詳しく知りたい。」
遺品整理は、亡くなられた方・遺されたご遺族が気持ちの整理をするために大切なことなので、時期やタイミングなどについてもしっかりと考えて行いたいですよね。
また、遺品整理を依頼する時期について悩まれる方も多いかと思います。
そこで、今回は遺品整理の時期について詳しく解説します。

 

□遺品整理の時期

遺品整理の時期に決まった正解はありません。
そのため、ご遺族の気持ちが落ち着き、時間の都合がいい時期などに取り掛かるのが一番かと思います。
しかし、相続や亡くなられた方が住んでいた部屋の契約上などの理由で時期が左右される場合もあるので注意が必要でしょう。
ここでは、どのような時期が適しているかや注意点を解説していきます。

*葬儀後

葬儀後には、相続権のある親族が揃っているケースが多いです。
そのため、遺品整理に適した時期の一つと言えるでしょう。
親族と離れて暮らしている方がいる場合、遺品整理のためにもう一度集まるというのは難しかったり、時期が合わなかったりすることもあります。
このような理由から、葬儀の後に遺品整理を行うというのは一つの手です。

*四十九日を迎えてから

四十九日は、亡くなられた方・ご遺族にとっての節目となる日です。
また、親族が集まることもあり、遺品整理に適した時期と言えるでしょう。
気持ちの整理もつけると言った意味合いでも適した時期かと思います。

*法的な手続きがあるもの・相続税のかかるものに合わせて

亡くなられた方が親族と離れて賃貸住宅に住んでいた場合、ご本人が亡くなられても家賃を払わなければならないので注意が必要です。
また、相続税の申告と納税についても同じように期限があります。
相続税の課税対象となるもの(預貯金・貴金属・不動産など)は、10ヶ月以内に申告・納税をしていない場合、重加算税がかかります。
遺品整理の時期を検討する際に、これらのような「期限」があるものには注意が必要でしょう。

 

□まとめ

以上、遺品整理の時期についてご紹介しました。
遺品整理の時期には、これと言った正解はありません。
気持ち・時間の都合などを折り合わせて時期について検討していきましょう。
しかし、相続などの「期限」があるものには注意が必要です。
当社では、ご依頼者様の安心・信頼につながるように、親切・丁寧に遺品を取り扱っています。
大切な思い出である遺品の整理はおまかせください。
真心を込めてお手伝いいたします。
また、何か相談したいことがあればお問い合わせください。