遺品整理で服を寄付しよう!三重県にお住まいの方に紹介します

ブログ

三重県にお住まいで、遺品整理を検討されている方はいらっしゃいませんか。
遺品整理の中でも、服は量も多くどう処分しようか悩む品ではないでしょうか。
故人の服を処分する方法は、お焚き上げだけでなくさまざまな方法もあります。
今回は、遺品整理を検討されている方に向けて、服の処分方法についてご紹介します。

 

□服の処分方法について

まず寄付を検討する前に、四十九日などの親族が集まる場で衣類の形見分けをしましょう。
親族で話し合い、遺品として持っていたい品を引き取ってください。
親族だけでなく、故人と親しかった方にも形見分けをするのも良いでしょう。

衣類は量があるため、形見分けをしてもかなり残るかもしれません。
その際は買取と寄付の2つの方法があります。

まず買取についてご説明します。
買取をしてもらう方法としては、ネットオークションやフリマアプリ、地域のフリーマーケットが挙げられるでしょう。
ネットオークションとフリマアプリはスマホ1つで簡単にできるため、体力的にも楽です。
ただし、ノーブランドの服だとあまり良い値段がつくことはありません。
ブランド品や素材に良いものを使っている服だと高値で落札される可能性がありますので、出品するのがおすすめです。

フリーマーケットの場合は出店料がかかりますが、直接人と話せますので気分が落ち込んでいる場合は気分転換になります。
こちらも検討してみると良いでしょう。

次に寄付についてご説明します。
大切な人の遺品ですから、やはり売るのははばかられるということもあるでしょう。
そのような場合は、寄付をおすすめします。

服の寄付を受け付けている団体は日本全国にありますので、インターネットなどでお近くの団体を探しましょう。
また、寄付をする際は方法が指定されている場合もありますので、問い合わせをするなどしてしっかり確認しておくのが無難です。

寄付された服は開発途上国など、着るものに困っている人の元に送られます。
人を助けることに繋がるため、「売るのはちょっと」という方はこちらの方法が良いかもしれません。

服の量が多い場合、これらの方法が非常に手間に感じる方もいらっしゃることでしょう。
そういった方には、遺品整理の専門業者に依頼するのがおすすめです。
遺品整理をする家の広さに応じて料金はかかりますが、素早く整理をしてもらえます。
また、服以外の遺品も対処してくれるので、遺品整理の時間が取れない方は合わせて依頼しましょう。

 

□仕分けが重要である点について

処分をする前に、まず服を仕分けしておきましょう。
「残すもの」「捨てるもの」「保留するもの」の3つに分け、それぞれをダンボールに入れていくと効率よく仕分けできます。
これらを判断するそれぞれの目安をご紹介します。

まず残すものについてです。
こちらは思い入れのある服、親族や故人と親しかった友人に形見分けしたい服を残すものに分類しておきましょう。
売ることを検討する場合、ブランド品なども残しておきます。

汚れていたり、傷んでいたりなどして状態の悪い服は捨てるものに仕分けしておきましょう。

上の2つに当てはまらない服は保留に回しておきます。
こちらは服の仕分けが済んだ後で改めて残すものと捨てるものに分類しましょう。
少しでも分類に悩んだら、とりあえず保留するものに分類しておくと仕分けがスムーズに進みます。

保留に回した服は、「残しておきたいけどしまう場所に余裕がない」などの理由で判断に困っている場合があるかもしれません。
その際は、写真に撮っておきましょう。
写真を撮っておくことで、保管場所に余裕がなく、捨てることしか選択肢がなくても思い出として残しておけます。

 

□寄付する際の注意点とは

寄付する際は、注意点がいくつかあるためご紹介します。

まず、寄付する前にはクリーニングするか、洗濯をしておくのが無難です。
服は寄付した後、誰かが着るものです。
服を着ることになる誰かが困ることのないよう、しっかり服を清潔にしておきましょう。

状態の悪い服は、クリーニングや洗濯をしても寄付しないようにしましょう。
例えば、シミや虫食いがあるもの、伸びたり縮んだりしているもの、破れたり色落ちしているものなどです。
「もし自分がこれを贈られたら」と考えて、服を選びましょう。

寄付を受け付けている団体によっては、受け付けていない服があります。
名前が入っている服、制服、作業服などが多いですが、事前にウェブサイトを確認するか、直接問い合わせるなどして確認しておきましょう。

直接服を持って行くなら費用はかかりませんが、服を郵送する場合は送料をこちらが負担する必要がありますので、寄付する団体の住所を確認した上でいくらかかるのかを把握しておきましょう。

また、故人が遺言書を遺している場合、服の処分に関する記述があるかもしれません。
内容を十分に確認し、服について言及されている場合は故人の意思を尊重しましょう。

 

□まとめ

今回は、遺品整理で服を処分する方法についてご紹介しました。

服は形見分け、買取、寄付をするのがおすすめです。
その前に仕分けをしておくと効率的に作業できるでしょう。
寄付をする場合、服を清潔にした上で、寄付を受け付けている団体の指示に従いましょう。
遺品整理のことでお悩みでしたら、ぜひ当社にご相談ください。