遺品整理で残す物はどのように判断するの?滋賀の方へ解説!

ブログ

「滋賀で遺品整理を検討している」
「遺品整理で残す物について知りたい」
「遺品整理で仕分ける際のポイントについて知りたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、滋賀の方に向けて、遺品整理で残す物や仕分ける際のポイントについてご紹介します。

 

 

□遺品整理当日までに準備しておくこと

遺品整理当日までに遺品として何を残すかを考えておきましょう。
何を残すかは遺族によって価値判断が大きく異なります。
そのため、業者の価値判断に任せるのではなく、当日までにどれを残すのかをきちんと考えておきましょう。
また、作業開始前に気になっている点があれば、業者の方に相談しましょう。

 

 

□遺品整理で残す物とは

 

*通帳や現金などは保管する

見つけた人が許可なく取ってはいけません。
財産相続に関係ある物なので、しっかりと許可を取りましょう。
お金に関する物はどのような物でも残しましょう。

 

*土地の権利書は読めなくても保管する

遺品整理をしていると土地の権利書が見つかると思います。
読めない場合でも、大切な記録なので、慎重に保管しましょう。

 

*売却価値のある物は保管する

売却価値のある物は見極めて、許可なく捨てないようにしましょう。
また、許可なくお金に変えてはいけません。
資産として相続するのか、話し合いによって決めましょう。

 

 

□遺品整理の仕分けのポイント

 

*捨てられない物や価値がある物は残す

なかなか捨てられない物や価値がある物はすぐに処分する必要はありません。
お金に変えられる場合もあるので、価値がある物は残しておきましょう。

*プロへ依頼する

仕分けする時間がない方や遠方にいて遺品整理できない方はプロに依頼するのも方法の一つです。
費用はかかりますが、一気に片付けを終わらせられるためおすすめです。

 

 

□まとめ

今回は、滋賀の方に向けて、遺品整理で残す物や仕分ける際のポイントについてご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、豊富な経験と専門知識を持つスタッフが遺品整理・家財整理・生前整理を行っております。
遺品整理士認定協会が推薦する優良事業所にも認定されています。
当社では、1点から1軒まで依頼を承っており、大切な思い出の整理・買取などなんでもお任せください。
依頼者様に安心・信頼していただけるように迅速に対応し、すべての遺品を丁寧に取り扱います。
想いを一番良い形にサポートし、喜ばれるようにアシストします。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。