遺品整理の費用を減らす方法について、遺品整理業者が解説いたします

ブログ

ご家族や親戚の方がお亡くなりになった時に行わなければいけないのが遺品整理です。
気持ちが沈んでいる中での方法も分からない作業は、精神的にも時間的にも大きな負担となります。

そんな際に頼りになるのが遺品整理業者です。
遺品整理の難点は、故人が残した貴重な品、通帳などを間違って処分してしまうなど、大切なものを見逃してしまうことがある点です。

一方で、遺品整理業者はプロですので、貴重なものを素早く見逃すことなく整理してくれます。
遺族の方と相談しながら作業してくれるのも嬉しいところです。
今回は、そんな遺品整理業者の費用の相場や、なるべく費用を抑えるコツについてご紹介します。

□遺品整理業者の費用の相場

遺品整理の費用は主に片づける部屋の広さに左右されます。

ワンルーム  30,000~100,000円
1LDK 30,000~120,000円
1LDK/2DK 50,000~250,000円
2LDK/3DK 90,000~420,000円
3LDK/4DK 150,000~680,000円
4LDK以上  220,000~800,000円

このように、かなり幅をもった相場の料金となっています。
これは、費用が作業人数、作業時間、遺品の量によって左右されるためです。
狭めの部屋でも荷物が大量にあったらその分費用は高くなります。
反対に、広めの部屋でも荷物が少なくすっきりとしていれば、費用は相場よりも安くなります。

□費用をなるべく抑えるためには?

上の相場の表を見て意外と高いなとお思いになった方もらっしゃるかと思います。
そこで、なるべく費用を抑えるコツをご紹介します。

*相見積もりを行う

遺品整理業者は、訪問見積もりといって実際に自宅に訪れて料金の見積もりを無料で行っているところがほとんどです。
そこで、このサービスを利用して3社ほどの見積もり料金を比べてみましょう。
面倒だから最初にみつけたところでいいや、と思っていると損をしてしまうこともあります。

*遺品を買い取ってもらう

故人が残したもののなかには、まだ新しく、使える家具や家電もあるかと思います。
そんなときにはその遺品を買い取ってもらいましょう。
買取専門業者に持ち込んだり、ネットで売ったりすることもできますが、面倒でしたら遺品整理業者にそのまま買い取ってもらうことも可能です。

*その他の方法

費用は荷物の量にも影響されるので、自分でできる範囲ででも片づけてしまうのも費用を節約するコツです。
ただ、不安でしたら業者にすべてお任せしましょう。
また、依頼するときには日時に余裕をもったほうが業者側も対応しやすく、その分余計なコストがかかりません。

□最後に

今回は遺品整理の費用についてご紹介しました。お葬式などでも費用がかかるので遺品整理ではなるべく費用を抑えたいですよね。
ただ、あまりにも安すぎるところは悪徳業者の可能性があるので注意してください。