遺品整理を三重県でしている方へ!供養について教えます

ブログ

遺品整理を三重県でされている方はいらっしゃいませんか。
故人が大切に使っていた品が遺品整理で見つかることもあるでしょう。
そのような品を手放す際には、遺品の供養をおすすめしております。
今回は、「遺品供養ってどうやってするのか分からない」という方に向けて、遺品供養の方法について詳しくご紹介します。

 

□遺品供養の方法について

そもそも、遺品供養とはどのようなものなのでしょうか。

故人が生前大切にしていた品には、魂が宿っているといわれています。
故人のことを想うと、そういった品を処分するのははばかられることでしょう。
そこで、お寺や神社に行ってその品に対してお経・祝詞を唱えてもらうことで、遺品に宿っている魂を供養し、故人の冥福を祈るのです。

遺品を供養するための方法としては、お焚き上げが挙げられるでしょう。
お焚き上げとは、故人が大切に使っていた品を焼くことで浄化し、宿っていた魂を天にお返しする儀式のことをいいます。
元々は神道において、札を燃やしてその年の五穀豊穣を占うという儀式が由来で、その儀式と仏教の護摩を焚くという行為が混ざり合い、それがお焚き上げという儀式になったといわれています。

続いて、神社とお寺のお焚き上げの違いについてご紹介しましょう。
お焚き上げはお寺でも神社でもしてもらえますが、お寺は仏教、神社は神道と異なる宗教の施設ですから、お焚き上げに込める意味合いも少し異なってきます。
神道ではお焚き上げを通し、火の神によって故人の品を天に返すという意味が込められていますが、仏教ではお焚き上げによってこの世に残された品を故人のもとに返す、という意味があるのです。

 

□どのような品を供養するべきか

遺品整理によって出てきたたくさんの品を全て供養しようとしても、あまりにその数が多すぎると供養は難しいかもしれません。
場合によっては、処分するべき品と供養するべき品に分ける必要もあるでしょう。
そこで、具体的にどのような品を供養すべきなのかご紹介します。

供養すべき品の目安としては、故人が愛用していたか否かということです。

眼鏡や時計などの装飾品、寝具や衣類などは愛用されていた方も多いでしょう。
また、故人の写真、手紙、日記、故人が作った絵画などの作品などにも想いがこもっているでしょうから、供養をすると良いでしょう。
人形、おもちゃ、ぬいぐるみには魂が宿りやすいものです。
こちらも供養しておきましょう。

 

□お焚き上げの依頼方法について

*神社やお寺にお願いする

お焚き上げは、先ほども述べましたが神社やお寺に依頼すると良いでしょう。
普段お世話になっている神社やお寺があるなら、電話や直接訪問するなどの方法でお焚き上げを依頼するのが安心です。
ただ、近年環境問題や防災について大きく話題になったこともあり、お焚き上げを行わなくなった神社やお寺が増えています。
また、燃やすと化学物質が出る品もありますから、お焚き上げを行なっている神社やお寺の中でも品はかなり限定されているというのが現状です。

そういった場合は、全国からお焚き上げの依頼を受け付けている神社やお寺がありますので、宅配便で送ってお焚き上げを行なってもらいましょう。

 

*専門業者にお願いする

神社やお寺以外にも、遺品整理の専門業者に依頼してお焚き上げを行なってもらうという方法もあります。
遺品整理の専門業者は、神社やお寺に依頼する場合と異なり、遺品整理からお焚き上げまでの遺品を供養する一連の手順を手伝ってくれます。
まだ気持ちの整理がついていなかったり、遺品整理をする場所が自宅から遠かったりすると、やはり精神的にも体力的にも辛いものがあるでしょう。
そのような時には遺品整理の専門業者に依頼して、全ての手順も任せてしまうのも1つの方法です。

また、神社やお寺ではお焚き上げを断られてしまうような品も、遺品整理の専門業者なら取り扱ってくれる場合が多いです。
どうしてもお焚き上げをしてほしい品があるけど、断られてしまったという時、お願いすると良いでしょう。

ただ、大きなデメリットもあります。
専門業者に依頼すると、費用がかかってしまうのです。
お焚き上げだけでなく遺品整理から行いますので、遺品整理分の料金が多くを占めています。
遺品整理をする場所が広ければ広いほど作業も大変になってくるため、費用が高くなってしまうでしょう。

 

*悪徳業者に注意

専門業者の中には、悪徳業者が紛れていることもあります。
遺品整理やお焚き上げに関する知識がないためにいい加減な作業をされてしまったり、法外な料金を請求されてしまったり、という場合があるのです。
遺品整理に関する法律や手順などの確かな知識を持っている指標として、遺品整理士という資格があります。
そのような資格を持っている専門業者に依頼すると、先ほど挙げたような事態には陥りにくいでしょう。

 

□まとめ

今回は、遺品供養の方法について詳しくご紹介しました。
遺品供養をする際は、故人が愛用していた品を中心に、神社やお寺、遺品整理の専門業者にお焚き上げをお願いしましょう。
ただ、専門業者に依頼する場合はトラブルを避けるため、遺品整理士などの確かな知識を持っていることが確認できる業者がおすすめです。