遺品整理を行う際のコツとは?石川にお住いの方必見です!

ブログ

石川県で遺品整理をお考えの方は、整理する際のコツをご存じですか。
もし個人で遺品整理を行うならば、コツを知っておくことでスムーズに進められるでしょう。
しかし、遺品整理をするための時間がない方には業者を利用することをおすすめします。
今回は、遺品整理を行う際のコツや業者に依頼した際の流れを紹介します。

 

□遺品整理の方法についてご紹介!

みなさまの中には、遺品整理を身内だけで済ますか業者を利用するかで迷っている方もいると思います。
自分たちだけで作業する場合は、各自が整理のために時間を割く必要があります。
そのため、時間に余裕のない方は業者に依頼することをおすすめします。
では、それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まず、自分たちだけで遺品整理をする場合について説明します。
この場合、遺品の仕分けをするために時間をかける必要があります。
また、少人数で大型の家具を運び出すことは困難であるため人手が必要になるでしょう。
しかし、業者を利用するよりも費用を抑えられるという利点もあります。

そのため、遺品整理をする余裕があり、できるだけ費用をかけたくないという方には適しているでしょう。

次に、遺品整理業者を利用する場合について説明します。
遺品整理を業者に任せる場合は遺品の仕分けだけではなく、それに関わる各種手続きもお願いできます。
そのため、自分でそれらの作業を行う時間がない方には非常に便利な方法となるでしょう。
しかし、悪徳業者を選んでしまうと遺品を盗まれる可能性があるため注意が必要です。

これを避けるためには、遺品整理士の有無を業者に確認する必要があります。
遺品整理士とは、遺品の扱い方を心得た者に与えられる資格のことをいいます。
そのため、この資格を所有している者が在籍している業者は信頼できるでしょう。
安心して業者に任せるためにもよく確認するようにしてください。

 

□自分たちだけで遺品整理を行う際のコツとは

中には、故人を悼むためにも自分たちだけで遺品整理をしたいという方もいるでしょう。
その際、あらかじめ準備をしておくことで作業を順調に進められます。
スムーズに遺品整理を終えるためにも、ぜひ参考にしてください。

1つ目のコツとして、整理する期間を決めて計画を立てることが挙げられます。
まず、遺品整理を開始する時期と整理を完了する時期を決めます。
このようにすることで、作業が進みやすくなります。
ただし、亡くなられた方が持ち家に住んでいたかどうかで進め方が異なるという点に注意してください。

例えば、故人が持ち家に住んでいた場合は自分のペースで遺品整理を行えます。
しかし、賃貸住宅に住んでいた場合は部屋の引き渡しをするため、早急に作業を進める必要があります。
退去する日にちを確認して、その日から逆算することで整理にかかる期間を決めましょう。

2つ目のコツとして、親族と協力して作業を行うことが挙げられます。
遺品整理にはかなりの時間がかかるため、一人で作業を行うことは困難です。
また、勝手に作業を進めてしまうと親族間でトラブルが生じるかもしれません。
これは、自分が必要ないと思ったものが他の人には必要なものであるかもしれないからです。

そのため、全ての相続人が揃ってから作業を開始することをおすすめします。
相続権を持っている者同士で連絡を取り合って、遺品整理の日程を決定するとよいでしょう。

3つ目のコツとして、亡くなられた方が生前契約されたものを確認することが挙げられます。
特に、故人が賃貸住宅に住んでいた場合は、その契約を解消する必要があります。
もし解約しなければ、その分の家賃を請求されてしまいます。

これらを実践することで遺品整理を滞りなく終えられるでしょう。
ただし、これらを面倒と感じる方には業者を利用することをおすすめします。

 

□遺品整理を業者に任せる際の流れをご紹介!

遺品には思い出の詰まったものもあるため、他人に作業を任せることには不安があると思います。
しかし、信頼できる業者を選べば安心して作業が完了するのを待つだけでよいのです。
ここからは、当日の流れについて見ていきましょう。

当日になるとまず、現場の責任者が作業員と情報の共有を行います。
そうすることで、依頼主の希望を全ての作業員に伝えます。
情報の共有が終われば、いよいよ作業が開始されます。
この際、現場の作業員は遺品を丁寧に仕分けますが、必要に応じて不要であるかどうかの確認を取るようにお願いしましょう。

確認を取ることで、思い出の品を間違って仕分けられずに済みます。
そのため、非常に重要な行程といえるかもしれません。
また、一人では運べないような大きな家具も丁寧に運び出すため心配する必要はありません。
遺品整理のプロであるため、安心して作業を任せましょう。

 

□まとめ

このように、遺品整理を行う方法は大きく2つに分けられます。
個人で整理する場合は時間だけではなく、周囲の協力や多くの労力が必要です。
そのため、経験豊富な遺品整理業者に依頼した方が作業がスムーズに進み、精神的にも楽でしょう。
遺品整理についてお悩みの方は業者への依頼について考えてみてはいかがでしょうか。