遺品整理は何から始めれば良い?遺品整理の手順とポイントを紹介します!

  • お役立ちコラム
NO IMAGE

遺品整理は何から始めれば良い?遺品整理の手順とポイントを紹介します!

「遺品整理は何から始めれば良いか分からない」
「どうすれば遺品整理がうまくできるの」
このようなお悩みをお持ちの方は多いと思います。
そこで今回は、遺品整理の手順と、遺品整理をする際のポイントと、遺品整理をプロに依頼するメリットとデメリットについてご紹介します。

□遺品整理の手順をご紹介します!

遺品は、故人との思い出が詰まっているものです。
そのため、遺品を整理するのは難しいと思います。
ここでは、遺品整理は何から始めれば良いか分からないという方のために、遺品整理の手順をご紹介します。

まずは、遺品整理のスケジュールを決めましょう。
遺品整理において、初めにすることは、スケジュールを決めることです。
具体的には、いつ、どの部屋の、どの部分の、何を整理するのかを決めましょう。
そうすることで、ゴールが明確になり、遺品整理がスムーズに進めやすくなります。

スケジュールを決める際は、自分が何をするべきなのかはっきりさせ、無理のないスケジュールを立てるようにすることが大切です。

次は、遺品を仕分けましょう。
スケジュールが決まったら、遺品の仕分け作業に入ります。
遺品を仕分けるにあたって、中には、どれも故人との思い出があって捨てられないという方もいると思います。

そこで仕分け方をご紹介します。
最初に、思い出のある遺品を仕分けましょう。
あとで残しておけば良かったと後悔しないために、故人との思い出のある遺品は最初に仕分けておくようにしましょう。

次に、残すものを仕分けましょう。
思い出のある遺品を仕分けたら、続いて残すものを仕分けましょう。
主に、貴重品、形見分け品、写真やアルバム、自分で使用するものの4つに仕分けると良いでしょう。
また、買い取ってもらえそうなものも残しておいて、後で売却するようにしましょう。

最後は、仕分け後の対応です。
仕分け作業が終わったら、それぞれの遺品に合わせて、対応しましょう。
買い取ってもらえそうなものは、買取業者へ依頼しましょう。

そして、処分するものは、分別してごみに出しましょう。
重くて運び出せない家具や家電は当社のような業者に依頼すると良いでしょう。
ごみに出すのがつらいと感じる方は、供養したり、寄付したりすることも検討してみると良いでしょう。

以上が遺品整理をする手順になります。

□遺品整理をする際のポイントをご紹介!

1つ目は、相続系の遺品は先に整理することです。
遺品整理の際は、優先して、通帳や有価証券などの相続系の遺品を整理することが大切です。
相続税は、故人の死亡後10ヶ月以内に申告をしなければならないという期限があるからです。
また、遺産相続の話し合いや必要書類の準備にも時間がかかります。
そのため、相続系の遺品は優先して整理するようにしましょう。
しかし、故人の住宅が賃貸の場合は、期限までに退去する必要があるため、荷物を整理することが優先です。
自分に合った優先順位で遺品整理をすることが大切です。

2つ目は、感情をコントロールすることです。
遺品整理をする上で、避けては通れないのが、「捨てられない」といった気持ちや「申し訳ない」といった罪悪感です。
しかし、故人は遺品を捨てたときに怒るでしょうか。
よほど思い出が詰まっている遺品でない限り、捨てても故人は怒らないと思います。
それでも、処分が難しいと感じる方は、供養をして、気持ちを整理しましょう。

3つ目は、負担が大きい部分を、業者に依頼することです。
遺品整理は、プライベートな部分もあるので、業者に依頼するのは気が進まないという方もいらっしゃると思います。
しかし、家族や親戚と作業を分担しても、どうしても負担が大きい部分は出てきます。
遺品整理は、関係者全員が幸せでいることが望ましいので、負担が大きい部分は業者に依頼すると良いでしょう。
お困りの際は、お気軽に当社までご相談ください。

□遺品整理をプロに依頼するメリットとデメリットをご紹介!

*プロに依頼するメリット

プロに依頼するメリットとして、安心してまかせられるという点があります。
プロは、遺品整理士という資格をもっているので、経験豊富であり安心できます。
また、自身の身体が不自由で遺品整理ができないという場合も、遺品整理を代行してくれます。

*プロに依頼するデメリット

プロに依頼するデメリットとしては、費用がかかることと、第三者が介入することでトラブルになる可能性があることです。
プロに依頼すると費用がかかってしまうものです。
しかし、負担を軽くできるという点を考慮すればプロに依頼する価値は十分にあります。

□まとめ

今回は、遺品整理の手順、遺品整理をする際のポイント、遺品整理をプロに依頼するメリットとデメリットを紹介しました。
遺品整理を始める際は、まずスケジュールを決めるようにしましょう。
そして、思い出のある遺品、相続系の遺品を先に仕分けましょう。
遺品整理でお困りの方は、お気軽に当社までご相談ください

投稿者プロフィール

伊藤 輝夫
伊藤 輝夫代表取締役
クリーンアシストの伊藤輝夫です。
私たちは、遺品整理、生前整理、特殊清掃、家財整理、ゴミ屋敷の清掃、汚部屋の整理、御供養、御炊き上げなど様々なサービスを提供しております。
私たちの仕事は、ただ単に片づけることではありません。
お客様一人ひとりの状況や感情に寄り添い、心の整理もサポートすることに重点を置いています。

遠方にお住まいでスケジュール調整が難しい場合は動画や画像を用いた見積もり提出が可能でございます。
また、清掃したお家を売却や賃貸などの不動産として活用する場合は、リフォームを行なったり、活用のサポートをしたりなど柔軟に対応いたします。

私たちは、「片付け」をただの費用負担と捉えず、お客様が抱える負担を軽減する手段と位置づけ、ご自宅の品物を買取させていただくことで、実際に「助かる」と感じていただけるよう努めています。
さらに、社会貢献活動として被災地への毛布寄付なども行っており、地域社会への貢献も忘れません。

私たちクリーンアシストは、お客様の生活空間を清潔で快適な状態にするだけでなく、心の整理と癒しを提供することを大切にしています。
遺品整理や生前整理を通じて、故人の想いを大切にしながら、残されたご家族の新たなスタートを支えます。
特殊清掃や家財整理では、見た目の変化だけでなく、生活の質の向上を目指しています。
ゴミ屋敷や汚部屋の清掃は、ただ清潔にするだけでなく、お客様が新しい生活を送りやすい環境を作るお手伝いをします。

私たちは、一つ一つの作業を丁寧に、そして心を込めて行います。お客様一人ひとりのニーズに合わせた柔軟なサービスを提供することで、より良い生活空間の作り出すことを目指します。
クリーンアシストは、お客様の「清潔な空間での新生活」を全力でサポートします。

お役立ちコラムカテゴリの最新記事

遺品整理に関する無料相談はこちら
遺品整理・⽣前整理・特殊清掃など
お困りごとがありましたらお気軽にご相談下さい

0120-21-5535

8:00〜20:00 ⼟⽇祝営業