空き家管理の悩みを解決!資産価値を守る実践的アプローチ

  • お役立ちコラム
NO IMAGE

空き家管理の悩みを解決!資産価値を守る実践的アプローチ

空き家の管理は、所有者にとって重要な課題です。
放置された空き家は、さまざまなリスクを孕んでおり、それを最小限に抑えるためには効果的な管理が必須です。
この記事では、空き家の管理方法、放置するリスクとその対策、さらには売却のメリットについて深く掘り下げます。
家主や関心を持つ方々にとって、実践的な知識となることを目指します。

□空き家の管理方法とは?

空き家の管理には、基本的な手順が不可欠です。
適切な管理を行うことで、家の老朽化を遅らせられるようになります。
ここでは、効果的な空き家の管理方法を見ていきます。

1:換気をしっかりする

空き家の大敵である湿気は、家の腐敗やカビの発生の原因となり、これを防ぐためには換気が重要です。
人が暮らしていないために溜まりがちな湿気を逃がすためには、定期的な換気が必要不可欠です。
特に靴箱や押し入れ、クローゼットなど湿気が溜まりやすい場所の換気には特に注意し、徹底的に換気することでより効果的な湿気対策が可能となります。

2:通水をしておく

水道管の錆や破裂は、長期間使わない空き家での大きな問題です。
水道を使わないと、水道管が錆びやすくなり、最悪の場合は破裂するリスクもあります。
さらに、長期間使わないと水が蒸発し、水道管内が乾燥することで悪臭の原因にもなり得ます。
これを防ぐためには、月に一度は通水を行い、水の出方や色の変化を確認することが重要です。

3:雨漏りしていないか確認する

雨漏りは空き家の資産価値を著しく低下させる重大な問題です。
そのため、雨漏りによる壁紙の剥がれや天井のシミは早期発見が重要で、見つけ次第すぐに対応する必要があります。

また、雨漏りは気づかないうちに進行することがあり、発見時には既に大きな被害が出ている可能性があります。
例えば、クローゼットや押し入れにカビが発生していたり、部屋に入った時に悪臭がある場合は、雨漏りの可能性を疑うべきです。

4:掃除

室内の掃き掃除から庭の手入れまで、全体的な清掃が必要です。
特に庭の手入れは重要で、放置すると害虫の発生源となり得ます。
雑草が生い茂ると、害虫が住処を見つけ、家や近隣に悪影響を与えることがあります。

また、敷地からはみ出した雑草や樹木が近隣トラブルの原因になることもあります。
定期的な除草や防草シート、除草剤の使用など、庭の管理にも配慮することが大切です。

5:防犯面

空き家の外観や近隣環境のチェックは防犯上も重要です。
長期間放置されると、犯罪の標的になることがあります。
例えば、不審者の侵入、放火、犯罪の拠点として使用される危険性があります。

□空き家を放置するリスクとその対策

空き家を放置することは、所有者にとって多大なリスクをもたらします。
放置された空き家は、さまざまな問題を引き起こし、資産価値の低下や法的な問題を招くことがあります。
ここでは、これらのリスクとその対策について詳細に解説します。

1:価値の下落リスク

空き家は、時間の経過と共にその価値が減少する傾向にあります。
湿気やカビの繁殖、家具の劣化、シロアリの被害など、さまざまな要因により家が老朽化し、その結果として資産価値が下落します。
これらを防ぐためには、定期的な保守・点検が不可欠です。

2:所有者責任リスク

空き家の所有者は、建物による事故や隣人への迷惑に対して法的責任を負います。
例えば、空き家の構造物が崩壊し隣人に被害を与えた場合、所有者は賠償責任を問われる可能性があります。
定期的なメンテナンスと安全な状態の維持が重要です。

3:特定空き家に指定されるリスク

長期間放置された空き家は、「特定空き家」に指定されるリスクを持ちます。
これに指定されると、行政による強制的な取り壊しや、その費用を所有者が負担することになる可能性があります。
空き家の状態を適切に保ち、法律に従った管理を行うことが重要です。

□空き家売却のメリットと税制優遇

空き家の売却は、管理の負担を減らすだけでなく、税制上の優遇も期待できる選択肢です。
ここでは、空き家売却の主なメリットと税制優遇について解説します。

1:管理コストとリスクの消滅

空き家を売却することで、管理の必要がなくなり、それに伴うコストとリスクが消滅します。
定期的なメンテナンスや事故のリスクがなくなるため、精神的な負担も軽減されます。

2:空き家売却の優遇税制

2015年の「空家等対策の推進に関する特別措置法」により、空き家の売却には税制上の特典が設けられました。
相続した空き家を売却する際、特定の条件下で譲渡所得から最大3,000万円の特別控除が受けられます。
これは、空き家の売却を促進し、社会問題の解決に貢献するための措置です。

□まとめ

本記事では、空き家の管理方法、放置するリスク、売却のメリットと税制優遇について解説しました。
適切な管理により空き家の価値を維持すること、放置によるリスクを避けること、そして売却による負担の軽減と税制上のメリットを享受することが、空き家を所有する者にとって重要です。
空き家の有効活用は、個人の財産価値を保全するだけでなく、社会問題の解決にも寄与します。
これらの知識を活用し、より良い空き家管理を実践しましょう。

投稿者プロフィール

伊藤 輝夫
伊藤 輝夫代表取締役
クリーンアシストの伊藤輝夫です。
私たちは、遺品整理、生前整理、特殊清掃、家財整理、ゴミ屋敷の清掃、汚部屋の整理、御供養、御炊き上げなど様々なサービスを提供しております。
私たちの仕事は、ただ単に片づけることではありません。
お客様一人ひとりの状況や感情に寄り添い、心の整理もサポートすることに重点を置いています。

遠方にお住まいでスケジュール調整が難しい場合は動画や画像を用いた見積もり提出が可能でございます。
また、清掃したお家を売却や賃貸などの不動産として活用する場合は、リフォームを行なったり、活用のサポートをしたりなど柔軟に対応いたします。

私たちは、「片付け」をただの費用負担と捉えず、お客様が抱える負担を軽減する手段と位置づけ、ご自宅の品物を買取させていただくことで、実際に「助かる」と感じていただけるよう努めています。
さらに、社会貢献活動として被災地への毛布寄付なども行っており、地域社会への貢献も忘れません。

私たちクリーンアシストは、お客様の生活空間を清潔で快適な状態にするだけでなく、心の整理と癒しを提供することを大切にしています。
遺品整理や生前整理を通じて、故人の想いを大切にしながら、残されたご家族の新たなスタートを支えます。
特殊清掃や家財整理では、見た目の変化だけでなく、生活の質の向上を目指しています。
ゴミ屋敷や汚部屋の清掃は、ただ清潔にするだけでなく、お客様が新しい生活を送りやすい環境を作るお手伝いをします。

私たちは、一つ一つの作業を丁寧に、そして心を込めて行います。お客様一人ひとりのニーズに合わせた柔軟なサービスを提供することで、より良い生活空間の作り出すことを目指します。
クリーンアシストは、お客様の「清潔な空間での新生活」を全力でサポートします。

お役立ちコラムカテゴリの最新記事

遺品整理に関する無料相談はこちら
遺品整理・⽣前整理・特殊清掃など
お困りごとがありましたらお気軽にご相談下さい

0120-21-5535

8:00〜20:00 ⼟⽇祝営業