空き家掃除からメンテナンスまで!家を守るための知識をご紹介!

  • お役立ちコラム
NO IMAGE

空き家掃除からメンテナンスまで!家を守るための知識をご紹介!

長期間空いている自宅や親の家を手入れしたいが、どこから手を付けていいか分からない方にとって、空き家の管理は頭を悩ます問題です。
空き家になってしまった家は、ただ放置しておくだけでは徐々に劣化してしまい、最悪の場合、解体以外に手段がなくなることもあります。

しかし、適切に管理すれば、空き家は貴重な資産となり得ます。
本記事では、空き家の手入れに必要な作業の詳細とその手順、または管理の選択肢をご紹介します。

□空き家掃除のスタートガイド!何から始める?

空き家の掃除を始めるには、最初に行うべき作業がいくつかあります。
空き家掃除では、郵便物の回収・処分から始めることが重要です。
郵便物がポストから溢れていると、家が空いていることが周囲に知られてしまいます。
これを避けるため、まずは郵便物の回収と処分からスタートしましょう。

1:害虫・害獣の駆除

誰も住んでいない期間が長い空き家では、害虫や害獣が発生する確率が高まります。
ゴキブリやネズミ、クモなどが未然に駆除されなければ、害虫や害獣が住み着くリスクが高まります。
害虫・害獣を放置すると、近隣にも被害が及ぶ可能性があるため、早期の駆除が必要です。

2:部屋の換気・通風

空き家は長期間窓を閉め切っていることが多く、空気がよどんでいます。
換気をする際は、対角線上の窓を開けることで風通しを良くしましょう。
湿気が溜まりやすく、ほこりっぽい部屋の空気を新鮮なものに替えるためにも、定期的な換気が重要です。

3:キッチン・洗面所の通水

長年水が流れていないと、排水菅から不快な臭いが発生することがあります。
水道の蛇口をひねり、水を一定期間流し続けることで、排水管内の状態を改善できます。
水道設備の点検も兼ねて、すべての水回りで通水作業を行うことがおすすめです。

4:カビ・水回りの汚れの除去

特にキッチンや洗面所、風呂場などはカビが発生しやすい場所です。
一度カビを取り除いても、再発生することがあるため、徹底的な清掃が必要になります。
定期的な清掃でカビの発生を防ぎ、衛生的な環境を保ちましょう。

5:床・壁の掃除

長期間住んでいない家は、ほこりが多く蓄積します。
床は雑巾で拭き取り、壁ははたきでほこりを落とすことが重要です。
家全体の清潔さを保つためにも、床と壁の清掃は定期的に行いましょう。

6:電気・各設備の点検

ライフラインが正常に機能しているかどうかを確認することも、空き家管理の重要な部分です。
電気、水道、ガスなどの各設備をチェックし、問題があれば速やかに修理を行いましょう。
定期的な点検で、予期せぬトラブルを防げます。

□空き家を守るメンテナンスのチェックポイント

空き家を守るためのメンテナンスは非常に重要です。
定期的なメンテナンスにより、家の寿命を延ばし、将来的な修繕費用を削減できます。

1:壁や天井からの雨漏りのチェック

雨漏りは家の劣化を早める主な原因の一つです。
雨漏りの有無を確認し、見つかった場合は早急に修繕しましょう。
定期的な点検で、小さな雨漏りも見逃さず、大きな損害につながる前に対処できます。

2:ドアや雨戸などの建具の動作のチェック

建具の動作がスムーズでない場合、修理が必要です。
ドアや雨戸が正しく閉まらないと、防犯上のリスクが高まります。
年に一度はすべての建具の動作をチェックし、必要に応じて修理や調整を行いましょう。

3:窓や壁などの破損・劣化のチェック

窓や壁の破損は、家全体の保護機能を低下させる原因となります。
特に、外壁のひび割れは水の浸入の原因となり得るため、早期の修繕が求められます。
定期的に外壁や窓の状態を確認し、破損が見つかったら迅速に対応しましょう。

4:水道・電気・ガスの不具合のチェック

ライフラインの不具合は、生活に大きな支障をきたします。
水道、電気、ガスの各設備を定期的にチェックし、異常があれば速やかに修理を行いましょう。
特に、ガス漏れは大きな事故につながる恐れがあるため、定期的な安全チェックが不可欠です。

空き家のメンテナンスを怠ると、家の価値が低下し、最悪の場合は住めなくなる可能性もあります。
定期的なメンテナンスと適切な管理で、空き家を守りましょう。

□空き家管理は自分でやる?専門家に任せる?

空き家の管理を自分で行うか、専門家に依頼するかは、空き家の状況や所有者の生活状況によって異なります。
自分で管理するメリットは費用を抑えられる点にありますが、時間と労力が必要です。
一方、専門家に依頼すると費用はかかりますが、時間や労力を節約できる上に、プロの知識と技術で適切な管理が可能です。

1:自分や家族で行う場合

費用を抑えられ、家の状態を自分たちの目で確認できるため、安心感があります。

しかし、定期的なメンテナンスや不具合が発生した際の対応には、相応の時間と労力が必要です。

2:専門家に依頼する場合

専門的な知識と技術で適切な管理が行えます。
定期的なメンテナンスや緊急時の対応も任せられるため、所有者の負担が軽減されます。

ただし、管理費用が発生するため、コストを考慮する必要があります。

どちらの方法を選択するにせよ、空き家の状態を適切に保つことが最も重要です。
自分で管理する場合も、専門家に依頼する場合も、計画的に行動することが求められます。

□まとめ

空き家の管理は、放置することによるリスクを避けるためにも非常に重要です。
自分で管理するか、専門家に任せるかは、空き家の状況や所有者の生活状況、コストを考慮して決定する必要があります。
適切な管理を行うことで、空き家を有効活用し、貴重な資産として保てます。
空き家掃除の基本から応用まで、本記事で紹介したポイントを参考にして、空き家の価値を高めましょう。

投稿者プロフィール

伊藤 輝夫
伊藤 輝夫代表取締役
クリーンアシストの伊藤輝夫です。
私たちは、遺品整理、生前整理、特殊清掃、家財整理、ゴミ屋敷の清掃、汚部屋の整理、御供養、御炊き上げなど様々なサービスを提供しております。
私たちの仕事は、ただ単に片づけることではありません。
お客様一人ひとりの状況や感情に寄り添い、心の整理もサポートすることに重点を置いています。

遠方にお住まいでスケジュール調整が難しい場合は動画や画像を用いた見積もり提出が可能でございます。
また、清掃したお家を売却や賃貸などの不動産として活用する場合は、リフォームを行なったり、活用のサポートをしたりなど柔軟に対応いたします。

私たちは、「片付け」をただの費用負担と捉えず、お客様が抱える負担を軽減する手段と位置づけ、ご自宅の品物を買取させていただくことで、実際に「助かる」と感じていただけるよう努めています。
さらに、社会貢献活動として被災地への毛布寄付なども行っており、地域社会への貢献も忘れません。

私たちクリーンアシストは、お客様の生活空間を清潔で快適な状態にするだけでなく、心の整理と癒しを提供することを大切にしています。
遺品整理や生前整理を通じて、故人の想いを大切にしながら、残されたご家族の新たなスタートを支えます。
特殊清掃や家財整理では、見た目の変化だけでなく、生活の質の向上を目指しています。
ゴミ屋敷や汚部屋の清掃は、ただ清潔にするだけでなく、お客様が新しい生活を送りやすい環境を作るお手伝いをします。

私たちは、一つ一つの作業を丁寧に、そして心を込めて行います。お客様一人ひとりのニーズに合わせた柔軟なサービスを提供することで、より良い生活空間の作り出すことを目指します。
クリーンアシストは、お客様の「清潔な空間での新生活」を全力でサポートします。

お役立ちコラムカテゴリの最新記事

遺品整理に関する無料相談はこちら
遺品整理・⽣前整理・特殊清掃など
お困りごとがありましたらお気軽にご相談下さい

0120-21-5535

8:00〜20:00 ⼟⽇祝営業